ボーナス査定の仕方とは?会社は何を見て判断するのか?増やすためにできること。
スポンサーリンク



ボーナスの査定の仕組みを理解する

1分でわかる記事の要点

  • 会社の業績によって支給額が決定
  • 貢献度の高い優秀な社員に還元
  • 査定基準を理解し努力することが大切
スポンサーリンク

ボーナスの査定期間

ボーナスは会社の業績によって貰えるものですから基本的に決算期に合わせて支給されます。一般的には上期、下期の2回支給され下期が7月、上期が12月支給です。査定期間は下期が前年10月~3月、上期が4月~10月となります。 支給額は例年2月から始まる春季生活闘争によって労働組合との団体交渉で「給与の〇月分」という形で決まります。この基本額をベースに査定されるのが通例です。

スポンサーリンク

査定はどこを見られているのか

ボーナスは業績によって貰えるのですから、会社への貢献度合によって支給額は異なります。査定基準は企業や役割によって異なりますが、ベースとなる項目に大きな違いはありません。それではボーナスを増やすには、どういった項目に注意すべきでしょうか。

出勤状態や勤務態度

多くの会社でボーナスの査定基準に採用しているのが「出勤状態」「勤務態度」です。「出勤状況」は査定期間における欠勤や欠務、遅刻の回数です。有給休暇はカウントされませんが、病休や休職もマイナス査定となります。 「勤務態度」は勤務時間中における仕事に対する取組み姿勢です。勤務時間中に職場を無断で離れたり、上司の指示に理由もなく従わないとマイナス査定となります。

業績・成果

ボーナス査定において、多くの企業で重きをおいているのが「業績・成果」です。営業を主体とする部署においては、目標に対する「売り上げ」の良し悪しが大きくボーナス査定に影響するよう配点されています。 最近ではコストや残業の節減に努めている会社も多いのが現状です。したがって、これらの目標に対する出来高もボーナス査定に大きく影響する仕組みとなっています。

減点方式を取り入れる企業も

ボーナス査定は業績をプラス、遅刻や無断欠勤などの不適正事案をマイナスとする企業が大半です。しかし減点方式を取り入れる企業も少なくありません。 例えば基本点を100とすれば、目標をクリアできなければマイナス5点、遅刻すればマイナス3点といった具合です。減点方式のメリットは、大きなミスや不適正事案を起こさなければ支給額が下がらない点になります。

ボーナスを増やすために必要な努力はあるのか?

ボーナスは企業の業績によって貰えるものです。したがって業績がアップしなけれ「ゼロ」もあり得ます。また、貢献度の高い社員に多く支給される仕組みであることも忘れてはなりません。それではボーナスを増やすためにどんな努力が必要でしょうか。

ボーナスが貰うための目に見える結果

ボーナスを多く貰うためには「目に見える結果」を求めていきましょう。まず無断欠勤や遅刻、怠業などマイナス査定となる事案は絶対に引き起こさないことです。 さらに目標を定められているなら確実にクリアすることが絶対条件になります。その上で営業職であれば昨年実績を上回る新規顧客の開拓など、会社の業績に直結する成果を上げることが大切です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事