副業で始める在宅ワーク。おすすめの在宅ワークの職種や必要なスキルとは?
スポンサーリンク

 



在宅ワークの3つのポイント

1分でわかる在宅ワークのポイント

  • 都合の良い時間に好きなだけ働ける
  • ネット環境が整っていれば場所を選ばない
  • 大きく稼ぐには自己管理の徹底が必要

スポンサーリンク

在宅ワークとは

在宅ワークとは事業場に出勤しないで自宅などで行うことが可能な仕事を指します。一般的には個人が企業と委託契約を結ぶことで始められます。 初心者は仲介サイトを利用するといいでしょう。企業から発注された仕事の中から自分の得意分野やスキルに合った仕事を選ぶことができます。専門的な技術を有する場合、フリーランスとして在宅ワークを進める人も少なくありません。

スポンサーリンク

在宅ワークのメリット

在宅ワークそのものは2000年代当初から存在していましたが広く普及するには至りませんでした。ところが2010年代に突入したあたりから急速に参入する人が増えていきました。 その要因の一つにインターネットの普及があげられます。また経済的な不安も大きく影響しているでしょう。今も参入する人が増え続ける在宅ワークのメリットはどういったものでしょうか。

主婦や介護などで時間が取れない人や隙間時間を有効活用したい人へ

在宅ワークに始終業時刻や職場に出勤する義務はありません。作業時間は個々の判断に委ねられています。つまり隙間時間を利用して稼ぐことが可能です。 在宅ワークは副業として取り組む人が大半であるため、隙間時間を活用できることは大きなメリットといえます。 家事をしなければならない主婦の方や、両親の介護で働きに出るのが難しいという人にとっては、在宅ワークは家事や介護の合間などに収入を得ることができる数少ないチャンスです。 仕事の都合で長めの空き時間が発生することが多いという人も、在宅で副業を行うのに向いていると言えます。

ネット環境があれば誰でもどこでもできる

在宅ワークが普及している理由の一つにネット環境の充実があげられます。ネット上で発注や納品などが可能となったことで、遠く離れた場所からも簡単に仕事に取り組めるようになりました。 「9時出社、17時半退社」といった時間が決められているわけではなく、自分の好きなタイミングで働くことができるのが大きなメリットです。 また打ち合わせなどのコミュニケーションも容易に行うことが可能です。企業としても裾野が広がることで、よりスキルの高い人材の発掘が可能となり発注しやすくなったといえます。

在宅ワークのデメリットは最低賃金を下回るケースも

在宅ワークでは、1つの成果物に対して決められた報酬が設けられていることが多く、アルバイトやパートのように時間給で働くわけではありません(例外もあります)。 そのため、成果物の納品に時間がかかってしまうと、法律で決められている最低賃金を下回ってしまうこともあります。 取り組み方は自由ですが、在宅ワークである程度の収入を得ようと思っている場合は、その点には気を付けておかなければなりません。

初心者にもおすすめな在宅ワーク

在宅ワークはネット環境が整備されれば副業として隙間時間に取り組めるのが魅力です。また様々な種類があり、自分に合ったものが選べるのもメリットだといえます。 しかしいざスタートするとなると自分に何ができるのかわからないといった人も少なくありません。果たして初心者にもおすすめな在宅ワークとはどんな内容でしょうか。

データ入力やシール貼りなどの事務作業

データ入力は名刺の管理など与えられた情報をエクセルファイルに入力する業務です。シール貼りは企業が発送するDMなどに宛名シールを貼る業務になります。 どちらも単価は安い事務作業ですが、特別なスキルは必要なく誰でも簡単に始められます。ただしデータの取り扱いには注意が必要です。これから在宅ワークを始める人、隙間時間を活用したい人におすすめといえます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事