Galaxy Active neoのスペックや特徴、また操作性や使用感について纏めてみたので、スマホの突然の故障などの中古や買い替えの検討に活用していただきたい。

スポンサーリンク

Galaxy Active neoのスペック

・サイズ:高さ約133mm、幅約 70mm、厚さ約 10.1mm
・重さ:約 154g
・ディスプレイ:約 4.5インチ
・OS:AndroidTM 5.1
・バッテリー:2200mAh
・CPU:Qualcomm MSM8916 クアッドコア 1.2GHz
・ストレージ(ROM):16GB
・メモリ(RAM):2GB
・SIMカードタイプ:nanoUIM
・SIMロック:解除対応
・アウトカメラ:約 800万画素
・インカメラ:約 200万画素
・NFCおさいふ機能:FeliCa対応
・ワンセグ:対応
・電池:内蔵型
・防水機能:対応

GalaxyActiveneoは2015年に発売された、サムスン電子株式会社が製造するスマートフォンです。

「強さと使いやすさを。」がテーマであり、耐久性や機能性に優れた端末であることが特徴となっています。

しっかりと強化されて作り込まれた頑丈な端末であり、基本的なスペックは以下のとおりです。

カラーはCamoWhite(カモホワイト)と、SolidBlack(ソリッドブラック)の2色が用意されています。

サイズは高さ約133mm・幅約70mm・厚さ約10.1mmで、本体重量は約154gです。

earManager・モバイルTVに対応しますが、S-Voiceは非対応となっています。

連続待ち受け時間は静止時において、LTEで約490時間・3Gで約580時間・GSMで約490時間となっています。

Bluetooth・無線LAN・Wi-Fiに対応し、CPUはMSM8916(1.2GHzクアッドコア)を採用、バッテリー容量は2,200mAhです。

ディスプレイには4.5インチのTFT制電式タッチパネルが採用され、解像度はWVGA、発色数は約1,600色となっています。

特筆すべきなのはその耐久性であり、防水性能はIPX5/7の基準を、防塵性能はIP6Xの基準をそれぞれ満たしているのです。

 街中や電車などで、LINEやインターネットにつながりにくい事や、通信が遅い現象になったことがありませんか?キャリアによっても違いますが、あからさまにLINEが遅れない事や、インターネットの通信が遅く、開くのに時間が掛かることってありますよね。今回は...
スポンサーリンク

Galaxy Active neoの特徴

GalaxyActiveneoの特徴は、とにかく頑丈であることです。頑丈といえば腕時計のG-shock(ジーショック)を思い浮かべる人がいるかもしれませんが、GalaxyActiveneoも同様に高い耐久性を誇るスマートフォンとなっています。

4.5インチの液晶画面には超頑丈な強化ガラスを採用し、従来製品の約2倍の強度を実現しています。

落下時の衝撃に強い強化ディスプレイですから、うっかり落としても大丈夫なのです。さらに汚れたら洗えることも、GalaxyActiveneoの特徴です。

キャップレス防水対応となっていますので、水洗いをしても本体内部に水が浸入することはありません。

製造元であるサムスン電子株式会社では、通常のテストに加えて独自の耐久試験を行い、製品の堅牢性を確認しています。

例えば1.8mの高さからの地面への落下試験や1.5mの高さからのコンクリート面への落下試験、2トンまでの面荷重を与える試験やお風呂などの高温多湿環境に耐える試験などをクリアしていますし、非公式ですが一時的であれば海水中での使用も可能だという情報などもあります。

普段持ち歩くことが多いスマートフォンは不慮の事故などで破損することが多くなりますので、GalaxyActiveneoの耐久性は野外活動などの機会が多い人にとって大きなメリットだといえるでしょう。

スポンサーリンク

充電中にスマホを使う方もいると思いますが、その使用方法は完全にNGです!今すぐ止めましょう!ではなぜNGなのか?充電しながらの操作が何に負担になり、結果どのようなことを招いてしまうのかを見ていきましょう。 充電しながらの操作は電池にかなりの負担が...

Galaxy Active neoの操作性

近年では大画面ディスプレイを採用するスマートフォンが増加しており、大画面による操作性の向上を実現しています。しかし一方では本体が大きくなりすぎて、スマートフォンとしては使いづらいと感じる人なども増えているようです。

GalaxyActiveneoは画面に4.5インチの液晶を採用することで、本体をコンパクトに仕上げています。

手の大きな男性であれば片手で扱うことができますし、手が小さな女性などにも扱いやすいといえるでしょう。

基本的な操作は画面のアイコンをタッチすることで行いますが、さらに本体下部には使用することが多い物理式の「ホーム」「戻る」「履歴」ボタンが設置されています。

右側面には電源のボタン、左側面にはボリュームと設定アプリを一発で起動させるアクティブキーボタンが設置されていますので、画面を触らなくても基本操作を行うことができるのです。

慣れればポケットに入れたままで操作を行うこともできますので、操作性は良好だといえるでしょう。

アクティブキーにアプリを設定したい場合には、ホーム画面からアプリをタップして「設定」→「パーソナル」→「アクティブキー」に進んでください。

標準モードまたはバッテリー温存モードのいずれで、設定したいアプリを選択すればOKです。

耐久性に優れるGalaxyActiveneoは、アウトドアなど野外でも活躍するスマートフォンです。

そのメリットを最大限に活用して、写真や動画の撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。

タフで頑丈なGalaxyActiveneoでは、アクションカメラのような撮影も可能になります。

防水性能や防塵性能を完備していますので、普段ならばカメラの取り扱いが気になるアウトドアシーンや激しいスポーツ時の撮影にも、余裕を持って対応することができるのです。

タグ付け撮影モードでは撮影時の天気情報や湿度や気温などを位置情報を利用して記録することができますし、スポーツ撮影モードではシャッタースピードを最大で約2倍、ISO感度を最大で約1.5~2倍とすることで、ブレることなく動きの速い被写体を撮影することができます。

通常の待機状態から本体のホームボタンを2度押しすることで瞬時に撮影モードが立ち上がりますので、シャッターチャンスを逃すことはありません。

さらに撮影した写真を加工することができるフォトエディターや、撮影した動画を編集してムービーに仕上げることができるビデオエディターなど、様々なアプリの使用にも対応しています。

 スマホやiPhoneには「リチウムイオン電池」という電池が実装されている。この繰り返し利用できる便利な電池だが、もちろん寿命がある。今回は、スマホやiPhoneに実装されているリチウムイオン電池の寿命や特色について調べてみたので、端末の寿命など検討して...
このウェブページは、スマホやiPhoneでお困りの方がご欄になっていることが多いのだが、端末が何かしら不安定になった時に、一度試していただきたい操作がセーフモードだ。一時的な誤作動については、電源を落とすことや、強制終了で直ることが多いが、根本的な原因...