Galaxy Note8のスペックや特徴、また操作性や使用感について纏めてみたので、スマホの突然の故障などの中古や買い替えの検討に活用していただきたい。

スポンサーリンク

Galaxy Note8のスペック

・サイズ:高さ約163mm、幅約 75mm、厚さ約 8.6mm
・重さ:約 190g
・ディスプレイ:約 6.3インチ
・OS:AndroidTM 7.1(8.0対応)
・バッテリー:3300mAh
・CPU:Qualcomm MSM8998 オクタコア
・ストレージ(ROM):64GB
・メモリ(RAM):6GB
・SIMカードタイプ:nanoUIM
・SIMロック:解除対応
・アウトカメラ:約 1220万画素
・インカメラ:約 800万画素
・NFCおさいふ機能:対応
・ワンセグ:対応
・電池:内蔵型
・防水機能:対応

Galaxy Note8は2017年10月26日に発売された、サムスン電子株式会社のスマートフォンです。

「できることは、もっとある。」がテーマであり、使用感や機能性に優れた端末であることが特徴となっています。

しっかりと練り込まれて作られた高機能の端末であり、基本的なスペックは以下のとおりです。

カラーはMidnightBlack(ミッドナイトブラック)と、MapleGold(メイプルゴールド)の2色が用意されています。

サイズは高さ約163mm・幅約75mm・厚さ約8.6mm(最厚部約8.7mm)で、本体重量は約190gです。

VoLTE・VoLTE(HD+)・ビデオコールに対応し、連続待ち受け時間は静止時においてLTEで約310時間・3Gで約330時間・GSMで約270時間となっています。

連続通話時間はLTEで約1370分~約1310分、3Gで約1260分、GSMで約810分です。

USBはUSB3.1Gen1とUSB2.0のバージョンに対応し、ポートの形状はType-Cとなります。

有機ELの6.3インチ画面を採用し、美しさと操作性を両立しました。

CPUにはQualcommMSM8998(2.35GHz+1.9GHzオクタコア)を採用しています。

 街中や電車などで、LINEやインターネットにつながりにくい事や、通信が遅い現象になったことがありませんか?キャリアによっても違いますが、あからさまにLINEが遅れない事や、インターネットの通信が遅く、開くのに時間が掛かることってありますよね。今回は...
スポンサーリンク

Galaxy Note8の特徴

GalaxyNote8の本体両サイドはデュアルエッジスクリーンとなっており、細身の本体デザインでありながらしっかりとした画面範囲を確保しています。

6.3インチの有機液晶ELの採用により、画面の美しさと扱いやすい操作性を両立しているのです。

さらに最先端のCPUの採用したことや余裕のあるメモリー容量などにより、軽快な動作を実現しています。

さらにユニークな各種の機能を搭載することが特徴となっており、例えばセキュリティ対策として顔認証・虹彩認証・指紋認証などによるロック解除に対応しています。

ユーザーの口コミなどをチェックしてみると、虹彩認識が使いやすく快適だという意見が多いようです。

一方で顔認証については時間がかかるという意見が見つかりますし、指紋認証については本体裏側にセンサーが設置されているため使いにくいという意見などが見つかります。

ちなみに各種認識機能については、それぞれを併用することも可能です。その他の機能としては、心拍数センサーを搭載しています。

センサーは本体背面の指紋センサーとカメラの間に設置されており、さらにアプリの活用により心拍数の記録やストレスチェックなどにも対応することができます。

スポンサーリンク

充電中にスマホを使う方もいると思いますが、その使用方法は完全にNGです!今すぐ止めましょう!ではなぜNGなのか?充電しながらの操作が何に負担になり、結果どのようなことを招いてしまうのかを見ていきましょう。 充電しながらの操作は電池にかなりの負担が...

Galaxy Note8の操作性

GalaxyNote8の基本操作は、画面に表示されたアイコンをタップして行うことになります。

本体には様々な機能を簡単に呼び出すことができるエッジパネル機能が搭載されていますので、使うことが多いアプリを配置しましょう。

設定画面から「ディスプレイ」→「エッジスクリーン」→「エッジパネル」と選択して、アプリをセットします。

画面の左右からエッジパネルを呼び出せば、登録したアプリをすぐに利用することができるのです。

さらに画面上には操作の際に使用することが多い、「ホーム」「履歴」「戻る」などのボタンが表示されます。

ナビゲーションバーと呼ばれる機能ですが、こちらも必要に応じてカスタマイズしたり、非表示とすることなどができます。

設定画面から「ディスプレイ」→「ナビゲーションバー」を選択して、表示/非常時やボタンの配置などを変更してください。

初期状態においても使いやすさに十分な配慮がされていますが、使いやすさには利用する人ごとに個人差がありますので、じっくりと使いやすい状態へとカスタマイズしてみてください。

操作性を高めるその他の機能としては、画面を2分割してアプリを2つ同時に表示して使える「マルチウィンドウ」機能が搭載されています。

例えば画面の上部でインターネットを閲覧しながら、同時に画面の下部に表示した電卓で計算することなどができますので、上手に使いこなしてみてください。

6.3インチ液晶とデュアルエッジスクリーンの採用による操作性の高さがGalaxyNote8の特徴ですが、さらに操作性を高めるのがデジタルペン機能の「Sペン」です。

従来からGalaxyシリーズに搭載されてきた機能ですが、最新機種であるGalaxyNote8ではさらに使い勝手が改善されています。

本体の右側下部にSペンが収納されていますので、軽く押して抜き出してください。

画面にSペンで字を書くことで手書き入力が可能となりますが、筆圧を4096段階で感知する機能により、絵を描いたり個性的な文字を描いたりすることができるのです。

筆圧に対応する手書きペン機能は様々な携帯端末に搭載されていますが、GalaxyNote8のSペンの書き味はそれらとは一味異なります。

本体の画面とSペンの柔軟な0.7mmのペン先の間に適度な摩擦が感じられるため、書き味はボールペンで紙に書いた感じに近いように感じられます。

多くの端末ではデジタルペンによる「ツルツル」や「コツコツ」とした書き味を感じることが多いのですが、Sペンの場合には手書きに近い感覚で利用することができるのです。

本体がスリープ状態でSペンを取り出すと、即時に本体がメモ書きができるモードへと移行することなども、使いやすさをサポートする便利な機能だといえるでしょう。

 スマホやiPhoneには「リチウムイオン電池」という電池が実装されている。この繰り返し利用できる便利な電池だが、もちろん寿命がある。今回は、スマホやiPhoneに実装されているリチウムイオン電池の寿命や特色について調べてみたので、端末の寿命など検討して...
このウェブページは、スマホやiPhoneでお困りの方がご欄になっていることが多いのだが、端末が何かしら不安定になった時に、一度試していただきたい操作がセーフモードだ。一時的な誤作動については、電源を落とすことや、強制終了で直ることが多いが、根本的な原因...