Galaxy S7 edgeのスペックや特徴、また操作性や使用感について纏めてみたので、スマホの突然の故障などの中古や買い替えの検討に活用していただきたい。

スポンサーリンク

Galaxy S7 edgeのスペック

・サイズ:高さ約151mm、幅約 73mm、厚さ約 7.7mm
・重さ:約 158g
・ディスプレイ:約 5.5インチ
・OS:AndroidTM 6.0(8.0対応)
・バッテリー:3600mAh
・CPU:Qualcomm MSM8996 クアッドコア
・ストレージ(ROM):32GB
・メモリ(RAM):4GB
・SIMカードタイプ:nanoUIM
・SIMロック:解除対応
・アウトカメラ:約 1220万画素
・インカメラ:約 500万画素
・NFCおさいふ機能:FeliCa対応
・ワンセグ:対応
・電池:内蔵型
・防水機能:対応

Galaxy S7edgeの特徴や操作方法を知る前に、まずはスペックがどのようなものなのか考えてみましょう。

2016年の5月に発売されたこちらの商品は、韓国の家電メーカーであるサムスンが発売したgalaxyシリーズのS8と全モデルとして発売されました。

メインメモリとして4GBと、内臓ストレージが最大64GBの大容量を誇り、OSにはandroidを採用しており、スマホの世界シェアナンバー1、2を争うあのアップルと肩を並べるサムスンが作ったこの機種は、他のメーカーの機種と比べても圧倒的手なスペックを持っているとされています。

カラーバリエーションはブラックオニキス、ホワイトパール、ピンクゴールドの3色展開で、中でも一眼レフのような鮮やかな写真撮影を可能にしている1220万画素で、スマホでは世界初となる「デュアルピクセルセンサー」を搭載しています。

インカメラに関しても、500万画素から800万画素にまでグレードアップして、5.5インチの大画面でさらに見やすく、両方エッヂデザインにすることでの使いやすさもプラスされました。

ちなみに日本ではS7edgeのみを販売しており、CPUにはクアルコムのSnapdragon 820を搭載で、画面の解像度は最高級のクアッドHDなど、まさに珠玉のスマートフォンと言えるのではないでしょうか。

 街中や電車などで、LINEやインターネットにつながりにくい事や、通信が遅い現象になったことがありませんか?キャリアによっても違いますが、あからさまにLINEが遅れない事や、インターネットの通信が遅く、開くのに時間が掛かることってありますよね。今回は...
スポンサーリンク

Galaxy S7 edgeの特徴

初めてスマートフォンを手にした人、あるいはGalaxyを使うのが初めてという人はどのように使ってよいのかわからないこともあるかと思われます。

そこで、どんな特徴があるのかについてじっくり考えてみましょう。

まず、何といっても大きな特徴はスマートフォンにおいては世界で初めてのデュアルピクセルセンサーを搭載していることです。

デュアルピクセル技術の位相差センサーにより、オートフォーカスも拘束になっただけでなく、ピクセルサイズを大型化して受講面積を拡大したため、暗い場所でもノイズが少ない写真が撮影できるようになりました。

使いやすさだけでなく機能面やデザイン性も良く考えられており、通信速度も最大370Mbpsまで上がっているのも特徴と言えます。

その他には、3Dガラスを採用したことでディスプレイの両端が丸み帯びたデュアルエッヂスクリーンにしたことで、長時間持っていても疲れにくく落とすことがないなど、持ちやすさにおいても考えられて作られているのが特徴です。

また、それ以前のシリーズには搭載されていなかったSDカードがこのS7edgeになって復活したことで、今までの写真を自由にROMを増やすことも可能となったのでさらに使い方の幅が広がったと言えるでしょう。

そして、前作にはなかった防水・防塵も加わり、より機能面においても強化されたことが伺えます。

スポンサーリンク

充電中にスマホを使う方もいると思いますが、その使用方法は完全にNGです!今すぐ止めましょう!ではなぜNGなのか?充電しながらの操作が何に負担になり、結果どのようなことを招いてしまうのかを見ていきましょう。 充電しながらの操作は電池にかなりの負担が...

Galaxy S7 edgeの操作性

今度は操作方法について考えてみましょう。

まず基本操作についてですがS7edgeには大きく分けて6つのボタンがついています。

スマホのエッヂ部分から電源、一番下の部分には押すと戻る部分、真ん中のホームがあり、その隣にタスクがあります。

そして、左側のエッヂの上と下の音量を調整するための部分がついています。まずこの6つの場所を覚えて押すことが基本操作です。

電源ボタンは、スマホをオン、オフにするためのボタンであり、戻るの部分はひとつ前の画面に戻るためのボタンは、左利きの人は使いにくいかもしれませんが右に設置されています。

アプリの画面から抜け出したい時にはホームボタンを押せば抜け出すことが可能です。

タスクボタンは、初めてスマホを使う人にとっては難しいかもしれませんが、今現在起動中のアプリをまとめて一括で揃えて出してくれるボタンです。

たくさん出しすぎている場合もあるのでこまめに押して確認するのが良いでしょう。

そして、左側のエッヂにある2つの音量ボタンは音量を上げ下げするための部分です。

この6つのボタンと基本操作を覚えることがS7edgeの最も基本中の基本操作と言えます。

逆に、これだけしっかりと覚えてしまえば使いやすくなります。

今度はその他の基本操作について考えてみましょう。

まずは、S7edgeで再び復活したSDカードの取り出し操作です。

それまでガラケーを使用していた場合にはどのように取り出せばよいのかわからなくなることが多いと思われます。

SDカードの取り出し方法は、スマホの上部にある穴に細い針を差し込んで取り出します。

細い針なんて急に出てこないという場合でも、ケータイショップの方で取り出し器具を用意してくれますのでそれを使用して取り出していくと、SIMカードを設置するプレートが出てきますので、そこにSDカードが入っていますのでそこから取り出します。

次に、S7edgeの応用の捜査について考えてみます。まず、ホームボタンを2回押すとカメラのクイック起動が作動してカメラのアプリが立ち上がります。

加えて、ホームボタンと電源ボタンを同時に押すことでスクリーンショットが撮影できるだけでなく、スマートキャプチャとスワイプキャプチャの2種類の特殊なスクリーンショットができるとされています。

その他にも、ホームボタンを3回押すと片手モードになるなど、S7edgeの操作方法はこれ以外にも様々な方法があります。使いながら上手に活用してみてはいかがでしょうか。

 スマホやiPhoneには「リチウムイオン電池」という電池が実装されている。この繰り返し利用できる便利な電池だが、もちろん寿命がある。今回は、スマホやiPhoneに実装されているリチウムイオン電池の寿命や特色について調べてみたので、端末の寿命など検討して...
このウェブページは、スマホやiPhoneでお困りの方がご欄になっていることが多いのだが、端末が何かしら不安定になった時に、一度試していただきたい操作がセーフモードだ。一時的な誤作動については、電源を落とすことや、強制終了で直ることが多いが、根本的な原因...