HUAWEI P10の電源が落ちる、再起動を繰り返す場合の不具合対処法

 

HUAWEI P10を使っていて、電源が勝手に落ちたたり、再起動を繰り返す症状になったことはないだろうか?

これらの症状についての回復方法や、故障かどうかの判断をするうえで、一度ご自身のHUAWEI P10にて確認をしていただきたい。

・電源が勝手に落ちる。
・再起動を繰り返す。

このような電源が勝手に落ちたり、再起動を繰り返す不具合は、端末側でエラーが発生しているか、電池に負担が掛かっていて起動ができない場合が多い。

エラーが発生して再起動を繰り返す場合には、故障の可能性が非常に高いが、大抵は多くの処理が必要なゲームアプリや動画アプリ、また地図アプリなどを利用していたケース、また複数のアプリを立ち上げたままになっていたことで、端末自体や電池に負担が掛かってしまい、制御機能が働くことで、電源が落ちるか、再起動を繰り返すという現象になる。

以下の記事もご参考まで。

スマホやiPhoneを使用中に、急に電源が落ちることはないだろうか?電源が勝手に落ちるということは、一般的にはお手持ちのスマホやiPhoneがシステム上「悲鳴を上げている」証拠でもある。電源が落ちる原因や要因を理解することで、改善できるだろう。電源が勝手に落ちたり、再起動を繰り返すエラーには、大きく分けて電池要因、システム要因、アプリ要因、の3つの要因に分けられる。故障と判断する前にこれら要因について、確認をしていこう。端末や電池に熱をもっている:電池要因スマホは端末や電池が熱くなると、熱暴走を防ぐために...

何れにしろ、以下の内容にて確認をしてほしい。



HUAWEI P10の電源が勝手に落ちる症状の対処方法

この場合は電源が勝手に落ちてしまうのみの対処方法になる。

端末や電池に負担が掛かっている可能性が高いため、無理に起動をするのではなく、そのまま電源を切った状態で放置をしてみよう。

端末や電池が熱いなどのほか、端末の処理能力が追いつかずに、電源が落ちることもあるだろう。

端末を一度休ませることで改善できる可能性が高い。

HUAWEI P10が再起動を繰り返す場合の対処方法

再起動を繰り返す場合には、電源を切る操作ができないため、一度強制終了で電源を落として見よう。

端末によっては、強制終了方法事態が再起動をするものも多いが、HUAWEI P10の強制終了方法は終了するのみで再起動をしない方法のため安心して操作してほしい。

HUAWEI P10の強制終了の方法

HUAWEI P10の強制終了方法は以下の通りだ。

右側面の「電源ボタン」10秒以上長押しをすると強制的に再起動になる。

上記がHUAWEI P10の強制終了方法であるため、電源を落すことができるだろう。

もし今回、あなたのHUAWEI P10が強制終了で改善された場合であれば、フリーズとの関連性もあるため、以下の記事であなたの使用方法に心当たりがないか確認をしてみよう。

スマホ を使用していて画面が止まるなどのフリーズをした経験はないだろうか?もしくは、この記事を読んでいる方は以下のような動作不良でお悩みなのかもしれない。 画面がフリーズした。 画面が点かない。 画面が反応しない 画面が固まって操作が効かない。 画面が真っ暗になった。 電源が切れない。 電源ボタンを押しても反応しない。 動きが遅い。今回はこれらフリーズを引き起こす原因と要因について纏めてみたので、ご自身の操作方法や設定など、心当たりがないか確認をしてほしい。また、それぞれご自身の機種の操作方法...

強制終了で改善しない場合にはセーフモードで起動をしてみよう

再起動を繰り返しているため、なかなかタイミングが難しいが、一度挑戦してほしい。

HUAWEI P10でセーフモードを起動するには、再起動を繰り返している状態であれば、起動する際の画面に「HUAWEI」のロゴが表示されたら、「音量キーの下げるボタン」ホーム画面が起動するまで押し続けて見よう。

セーフモードが起動すると画面左下に 「セーフモード」と表示される。

またセーフモードを終了するには、通常の電源の入れ直しで通常モードに戻る。

尚、セーフモードの詳細については、以下の記事を参考までに一読してほしい。

このウェブページは、スマホやiPhoneでお困りの方がご欄になっていることが多いのだが、端末が何かしら不安定になった時に、一度試していただきたい操作がセーフモードだ。一時的な誤作動については、電源を落とすことや、強制終了で直ることが多いが、根本的な原因を特定はできていない。そもそも、完全に原因を特定することは難しいのだが、ある程度の切り分けをすることは、このセーフモードできるだろう。ではそもそも、このセーフモードと何なのか?またセーフモードの操作方法もお伝えしていこう。  セーフモードとは?工場...

電池の過放電で回復するケース

これは端末自体のエラーではなく、あくまでも電池の劣化によるものだが、一度確認をしてほしい操作だ。

HUAWEI P10限定ではなく、再起動を繰り返している端末全てに言えることだが、電池の過放電で回復するケースがある。

電池残量を、一旦0%にする事で電池がリセットをする場合がある。

詳しくは以下の記事を参考にしてほしい。

さて、ここではリチウムイオン電池の弱点を説明しよう。ただ、もし以下の記事をまだ読んでいない方がいれば、先に読んだ方が理解しやすいかもしれない。誰もがやってしまいがちな内容のため、どのような行為がリチウムイオン電池に負担が掛かってしまうかを認識をしておくことで、電池の劣化の限りなく少なくすることができるだろう。リチウムイオン電池の弱点とは?まずは、スマホやiPhoneに利用されているリチウムイオン電池の弱点から探っていきたい。リチウムイオン電池の弱点を知ることで、寿命の伸ばし方が理解しやすことや、日...

上記で改善できない場合は端末本体の故障の可能性がある!

上記操作をしても改善されない場合には端末にエラーが生じているため故障の可能性が高い。

残念ながら、修理か買い替えなどを検討したほうが良いだろう。

キャリアの保証に加入している方は

まずは、ご自身のキャリアに相談をしてみよう。

補償に加入しているのであれば、利用期間などの範囲内であれば、修理や交換のサービスがあるはずだ。
また、新規購入から一年未満の利用期間で、破損の箇所がなく「自然故障」と判断される場合であれば、メーカー補償を受けられる可能性もある。

キャリアの保証がない方は

何かしらの補償に加入をしていない場合には、民間の修理業者に修理をお願いするか、中古などの買い替えが必要になるだろう。
キャリアの補償に加入していない場合には、以下のような民間の修理業者で、修理を頼むほうが安く済むだろう。


また、以下のような中古で安い端末や優良な端末を探してみるのも選択肢の一つだ。

知っておいて損はない!豆知識の記事は以下からご覧ください。

スマホやiPhoneには「リチウムイオン電池」という電池が実装されている。この繰り返し利用できる便利な電池だが、もちろん寿命がある。今回は、スマホやiPhoneに実装されているリチウムイオン電池の寿命や特色について調べてみたので、端末の寿命など検討している方は是非とも参考にしていただきたい。そもそもリチウムイオン電池とは?リチウムイオン電池とは正極と負極の間をリチウムイオンが移動することで充電や放電を行う「二次電池」である。簡単に説明すると、充電と放電ができるため、何度も利用できる便利な電池というわけだ...
iPhoneやスマホで動画を視聴する方は多いと思いますが、動画はかなりの通信料を使う。知らずにYouTubeなどの動画を見ていると、通信制限が掛かってしまったことなどあるのではないかと思う。そこで今回は、動画を視聴する際の1ギガバイトで視聴できる時間の目安について調べていききたい。1GBでYouTubeを視聴できる時間の目安1GBでユーチューブ等の動画を何時間利用できるかは、以下の通りだ。 YouTubeの設定で720p(高画質)の場合    1GB = 約1時間30分 YouTubeの設定で480p(中画質)の場合    1GB = 約2時間 ※自動設定 You...

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事