iPhone 6sを使っていて、強制終了ができない事象にになったことはないだろうか?

あなたの iPhone 6sが強制終了ができない事象が稀に起こるということであれば、一時的なエラーである可能性が高いが、頻繁に起こる場合には、あなたの iPhone 6sの使用方法に原因があることが考えられる。




この記事では、以下のような症状でお悩みの方がこのサイトを訪れていることだろう。

iPhone 6sにおける事象
  • 強制終了ができない

これらの症状に関しては、以下のiPhone 6sが強制終了ができない時の対処法で回復ができるか確認をしていただきたい。

なお、この記事ではiPhone 6sの上記事象の原因要因などを纏めた記事も本記事下部に用意しているため、普段の使用方法などに原因があるか確認をしてほしい。

また、iPhone 6sについてその他の不具合の確認や対処法などは、以下のページから、あなたの機種名をクリックすれば纏めて見ることができるため、是非ブックマークをお勧めする。

このページではiPhone 6sの不具合を事象別の一覧に纏めています。iPhone 6sを利用されている方は是非ブックマークを。↓ あなたは持っていますか? iPhoneもAndroidも3台同時使用できる2倍高速充電器を!iPhone 6sのフリーズ・動作が遅いなどの不具合 フリーズや動...

↓ あなたは持っていますか? iPhoneもAndroidも3台同時使用できる2倍高速充電器を!

まずは、ご自身のiPhone 6sで現在、強制終了ができない場合には以下の操作をお試しいただきたい。




iPhone 6sが強制終了ができない事象の原因とは?

iPhone 6sに限ったことではないが、iPhoneが強制終了ができない不具合は以下の原因が考えられる。

  • 端末の処理動作が遅いかフリーズの過剰状態
  • システムエラー(故障)

はじめに、この強制終了ができない事象は、故障の可能性が非常に高い。

通常のフリーズであれば、強制終了の操作はできるはずであるが、強制終了もきかない場合は重症と言えるだろう。

強制終了ができない場合でも、原因の根本はフリーズを起こす要素によるものだろう。

フリーズの大抵の原因は、多くの処理が必要なゲームアプリや動画アプリ、また地図アプリなどを利用していたケース、また複数のアプリを立ち上げたままになっていたことや、多くの処理動作が必要な環境にある場合に、端末や電池に負担が掛かることが原因だ。

だが、このフリーズの対処法の強制終了ができないとなれば、かなりの重症と考えて良いだろう。

以下でお伝えする操作で改善ができた場合には、以下のiPhone 6sがフリーズする8つの要因とは?から普段の利用方法の確認する必要がるだろう。




iPhone 6sが強制終了ができない時の対処法①|強制終了方法は間違ってはいないか?

最近では新しいiPhoneも登場し、機種によって強制終了方法は違う。

また、Androidを利用していたユーザーにとっては、電源の長押しなどが強制終了方法であることも多いが、 iPhoneはそうではない。

以下の iPhone 6sの強制終了方法を一度試していただきたい。

iPhone 6sの強制終了方法
  1. 右側面の電源ボタンと画面下の「ホームボタン」を同時に10秒長押し。
  2. 完全に画面が真っ暗になった後、電源ボタンを押す。
  3. システムの再起動が始まる。

これで強制終了が可能だ。

もし強制終了方法で回復ができたとしても、あなたの使用方法に原因はないだろうか?

本記事下部のリンクで、使用方法に心当たりがないか確認をすることができる。

また、この強制終了をする際に注意をしていただきたいことが一点ある。

既に強制終了ができない(iPhone 6sの動作が完全に停止)ため、何か操作を途中であった場合にはそのデータは回復できない可能性があること、また極稀ではあるが全てのデータが飛ぶことがある。

しかし起動をしなければ、そのデータすら戻らないため元も子もないのも事実だ。

実際に強制終了ができないまま回復ができずに修理なることもあるが、その際にデータを復旧することは難しいことを予め理解をしていた方が良いだろう。

そのためには、日頃からバックアップをしているかどうかが鍵になるだろう。




iPhone 6sが強制終了ができない時の対処法②|電池残量を0%になるまで放置をしてみよう

iPhone 6sの強制終了方法が反応しない場合には、操作のしようがない。

その場合は電池残量が0%になるまで放置をしてみよう。

多くの処理が重なり、このような状態になっている可能性が高いため、できれば放置をした後も少し端末を休ませてみよう。

その後、電源を切った状態で充電をし、画面に電池のマークが表示される状態であれば、回復する可能性が高い。

電池のマークに充電がされている表示が現れたら、通常通り電源をオンにしてみよう。
おそらく、起動ができるはずだ。

充電のマークが表示されなければ、かなりの確率で故障である可能性が高いだろう。

iPhone 6sがフリーズが起きる8つの要因とは?

もし、電池0%の放置で、通常通り起動ができた場合には、フリーズ要因を確認する必要がある。

強制終了ができない事象は、根本的な原因はフリーズ要因になる。

多くの処理動作による不具合が原因のため、iPhone端末自体の動作が止まってしまう状態だ。

iPhone 6sのみではなく、iPhoneがなぜフリーズをしたり、再起動を繰り返す事象を引き起こすのか、その8つの原因についてまとめた記事があるため、以下の記事リンクを参考まで確認をして欲しい。

iPhoneのフリーズがなぜ起こるか?2つの原因と8つの要因について|iPhoneの不具合対処法




電池残量0%の放置で回復できなかった場合は故障の可能性大!

電池残量0%の放置をする方法で改善されない場合には、故障の可能性が高い。

システム本体の故障が原因と断言をしても良いだろう。

要するに基盤そのものを交換しなければならない。

残念ながら、修理か買い替えなどを検討したほうが良いだろう。

iPhone 6sの購入時にキャリアの保証やAppleCare+に加入している方は

まずは、ご自身のキャリアに相談をしてみよう。

上記のようにご自身で強制終了方法を既に試しているのであれば、キャリアでも話は早い。

すぐにキャリアの故障の窓口に相談をしてみよう。

補償に加入しているのであれば、利用期間などの範囲内であれば、修理や交換のサービスがあるはずだ。

また、新規購入から一年未満の利用期間で、破損の箇所がない場合や、過去に水没の経緯がなく「自然故障」と判断される場合であれば、メーカー補償を無償で受けられる可能性もある。

ただし、落として破損した形跡がある場合や、水没をさせていなくともiPhone 6sの液体侵入インジケータが水濡れ反応をしていると、自然故障の扱いにならない。

また本体を開けた場合なども、メーカー保証の対象にはならないことも当然ながら伝えておこう。

iPhone 6sの購入時にキャリの保証やAppleCare+に加入がない方は

何かしらの補償に加入をしていない場合には、民間の修理業者に修理をお願いするか、中古などの買い替えが必要になるだろう。

最近では、民間の修理業者の修理レベルも非常に高くなってきており、キャリアで修理に出すよりも価格も安く、保証などのサービス性に溢れている。

キャリアのメーカー修理は修理に出してから手元に戻るまで2週間は時間が掛かるが、民間の修理業者では、予約をすれば1時間程度で修理をしてくれる業者などもある。

また、水没からデータ復旧ができる業者や、画面割れなどはデータそのままで修理が行える業者もある。

キャリアの保証がない場合には、検討してみるのも得策だろう。

以下はiPhone修理でオススメの民間会社であるため、チェックをしてほしい。

更に、思い切って中古品を購入する手もある。

今後は、格安SIMの時代。

SIMフリーのスマホを一台持っておく事は、今後のスマホ生活でのリスク回避になるだろう。

以下のような中古で安い端末や優良な端末を探してみるのも選択肢の一つだ。

年間販売台数40万台以上!中古スマホ・タブレット販売の【イオシス】|けっこう 安い。





知っておいて損はない!豆知識の記事は以下からご覧ください。

 スマホやiPhoneには「リチウムイオン電池」という電池が実装されている。この繰り返し利用できる便利な電池だが、もちろん寿命がある。今回は、スマホやiPhoneに実装されているリチウムイオン電池の寿命や特色について調べてみたので、端末の寿命など検討して...
iPhoneやスマホで動画を視聴する方は多いと思いますが、動画はかなりの通信料を使います。知らずにYouTubeなどの動画を見ていると、通信制限が掛かってしまったことなどあるのではないかと思います。そこで今回は、動画を視聴する際の1ギガバイトで視聴できる時間の...