iPhone 7 Plusのスペックついて纏めてみたので、スマホの突然の故障などの中古や買い替えの検討に活用していただきたい。




iPhone 7 Plusのスペック

iPhone 7 Plusのスペック
  • サイズ:高さ約158.2mm、幅約 77.9mm、厚さ約 7.3mm
  • 重さ:約 188g
  • ディスプレイ:約 5.5インチ
  • OS:iOS11.3
  • バッテリー:2900mAh
  • CPU:Apple A10 Fusion + M10 モーションコプロセッサ
  • ストレージ(ROM):32GB,128GB,256GB
  • メモリ(RAM):3GB
  • SIMカードタイプ:nanoUIM
  • SIMロック:解除対応
  • アウトカメラ:約 1200万画素
  • インカメラ:約 700万画素
  • NFCおさいふ機能:Fellca
  • ワンセグ:非対応
  • 電池:内蔵型
  • 防水機能:対応




iPhone7 Plusのカラーバリエーションはシルバーやゴールド、ローズゴールドやブラック、ジェットブラックやレッドなどがあります。

新色のジェットブラックやレッドは128GB及び256GBの限定モデルです。

iPhone7 Plusのスペックに関して、CPUはApple A10 Fusion 2.33GHzになっていて、外側カメラ画素数は1,200万画素のデュアルカメラです。

内側カメラ画素数は約700万画素になっていて、ディスプレイは約5.5インチフルHDとなっています。

電池容量は2,675mAhで、連続通話時間はワイヤレスで約1,260分です。

連続待受時間は約384時間で、最大通信速度はキャリアに依存します。

重量は約188gで使いやすく、シンプルなデザインで操作しやすいのが特徴です。

カメラ性能は広角レンズと望遠レンズを搭載したディアルカメラになっていて、性能が大幅に向上しています。

明るさは25%向上していて、周囲の色や温度に応じてフラッシュをアレンジすることによって自然に明るく照らされた美しい写真になるでしょう。

撮影した写真はロック画面に設定することができ、いつでも撮影した時の瞬間なども楽しむことが可能です。

 街中や電車などで、LINEやインターネットにつながりにくい事や、通信が遅い現象になったことがありませんか?キャリアによっても違いますが、あからさまにLINEが遅れない事や、インターネットの通信が遅く、開くのに時間が掛かることってありますよね。今回は...




iPhone7Plusの特徴

iPhone7 PlusCPUはアップルの新しいA10 Fusionで、処理能力はiPhone6の約2倍になっています。

カメラ性能はiPhoneでは最初のディアルカメラを搭載されていて性能は大幅にアップしました。

ディスプレイは広くなっていて新しい色域を持つRetina HDディスプレイを採用しており、明るさがアップしています。

電池容量についてアップルはiPhone6sより最大2時間も長いバッテリー駆動時間になっています。

今回からおサイフケータイ機能や防水/防塵機能などが加わったので便利になりました。

カメラは30fpsの4K動画などを撮影することができ、かなりきれいに撮影することが可能です。

タイムラプス撮影にも対応していて、このタイムラプス撮影は長時間動画を短時間にして再生する動画のことを言います。

景色の良い場所などに端末を固定し、タイムラプス撮影することによって映画のワンシーンのように撮影することが可能です。

スローモーション撮影にも対応していて、素早く過ぎ去って行くシーンを撮影しても、スローモーション再生することができユニークな動画にアレンジすることができ自分好みに編集することができるでしょう。

充電中にスマホを使う方もいると思いますが、その使用方法は完全にNGです!今すぐ止めましょう!ではなぜNGなのか?充電しながらの操作が何に負担になり、結果どのようなことを招いてしまうのかを見ていきましょう。 充電しながらの操作は電池にかなりの負担が...




iPhone7Plusの操作性

iPhone7 Plusにはいろいろな機能が搭載されています。

例えばApple Payにおいてスイカやクレジットカードを設定すると、交通機関や店舗などでショッピングすることが可能です。

スイカなどで支払うことができるようになり、iDやQUICPayなどの加盟店においてクレジットカード決済やオンライン決済も利用することができます。

iPhoneのウォレットアプリを使ってApple Payにカードを転送すると、カード情報を引き継ぎスイカを使用することが可能です。

スイカカードを持っていないなら、アプリを使って新規に発行することができます。

ウォレットアプリを起動し、スイカカードの上に置くと残額や定期券などの情報もiPhoneに転送することが可能です。

但し、iPhoneに転送するスイカカードは使えなくなるので再チャージすることができなくなるので注意が必要です。

クレジットカードがなくてもApple Payでスイカカードを利用する方法があります。

iPhoneのウォレットアプリを使って、Apple Payにカードの情報や残高などを転送したり追加することが可能です。

転送画面を表示してから、iPhoneをカードの上に設置すると簡単に転送することができるので便利です。

iPhone7 Plusのカメラは2倍光学ズームや10倍デジタルズームが搭載されています。

背面にあるメインカメラは2つのレンズがあり、広角・望遠や焦点距離の違う2つのレンズがあるので、1倍~2倍で光学ズーム倍率を替えることができたり、デジタルズームとプラスして最大10倍ズーム行うことが可能です。

iPhoneのカメラアプリを起動し画面にある1xや2xをタップすると、レンズを切り替えられます。広角レンズを望遠レンズに切り替えることによって、画質劣化せずに2倍に光学ズームすることが可能です。

カメラのポートレートモードを利用して背景をぼかして撮影することができます。

ポートレートモードは被写界深度効果から背景がぼけたような写真を撮影することが可能です。

ポートレートモードの写真も後から被写界深度エフェクトをオフにできます。

やり方は画面をスライドし撮影モードをポートレートに変えます。被写界深度エフェクトが有効になる位置に合わせ、被写体をタップするとピントを合わせることが可能です。

被写界深度エフェクトが有効になっている状態において、シャッターボタンを押すと被写体外の背景などがぼけたような写真を撮影することができるでしょう。




 スマホやiPhoneには「リチウムイオン電池」という電池が実装されている。この繰り返し利用できる便利な電池だが、もちろん寿命がある。今回は、スマホやiPhoneに実装されているリチウムイオン電池の寿命や特色について調べてみたので、端末の寿命など検討して...
このウェブページは、スマホやiPhoneでお困りの方がご欄になっていることが多いのだが、端末が何かしら不安定になった時に、一度試していただきたい操作がセーフモードだ。一時的な誤作動については、電源を落とすことや、強制終了で直ることが多いが、根本的な原因...