開発モデルとプロジェクトマネジメント ITパスポートの学習で身に付くIT用語
スポンサーリンク



開発モデルとプロジェクトマネジメント

 

今回は、ITパスポートのマネジメント系に分類される開発モデルと、マネジメント系・テクノロジ系に分類されるプロジェクトマネジメントについて解説していきます。

開発モデルはシステムを構築していく上で、必ずと言って良いほど出てくるものになってきます。プロジェクトマネジメントも同じ事が言えるでしょう。どちらも知っていて損することはないので、頭の隅にでも置いていてくれると嬉しいです!

 

それでは早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

システムの開発モデル

 

システム開発を進める方法は様々なモデル(パターン)があります。その中でも代表的なものを紹介させていただきます!

ウォータフォールモデル

 

要件定義→システム設計→プログラミング→テスト

 

上記のように、各工程を順番に行っていくモデルのことを「ウォータフォールモデル」と呼びます。

開発の順番が明確化されているので、進捗状況を把握しやすいという特徴があります。しかしその反面、一旦次の工程に進んでしまうと、前の工程に戻って修正を行うのは難しくなるため、手戻りが発生しないように、各工程の終了時にはしっかりとチェックして、完了判定を行う必要があるのです。

このウォータフォールモデルは、比較的に規模の大きいシステムの開発に向いていると言えるでしょう。

 

ウォータフォールモデルのイメージとしては、「滝から水が流れ落ちるよう」な感じです。

このようなイメージから、要件定義や設計などの開発初期段階に行う工程の事を「上流工程」、開発の後半に行うプログラミングやテストのことを「下流工程」と呼ぶことがあります。

プロトタイピングモデル

 

早い段階から試作品(プロトタイプと呼ぶ)を作成し、ユーザに確認して貰いながら開発を進めていく開発モデルのことを「プロトタイピングモデル」と呼びます。

発注元とベンタの間に勘違いや誤解が生じていたとしても、比較的早い段階で確認し、修正することが可能のため、開発ミスや手戻りを少なくすることができるのです。

スパイラルモデル

 

システムをいくつかに分割して、分割したサブシステムごとにウォータフォールモデルによる開発を繰り返して完成させていく開発モデルのことを「スパイラルモデル」と呼びます。

開発工程を順に行う事ができ、尚且つサブシステムごとにユーザの評価を得ることができるため、ウォータフォールとプロトタイピングの双方のメリットを兼ね備えています。

リバースエンジニアリング

 

既存のソフトウェアのプログラムを解析し、プログラムの仕様と設計を導き出す手法のことを「リバースエンジニアリング」と呼びます。

要件定義→設計→プログラミングの開発の流れを逆行(リバース)していく手法のことです。

システムの運用後に不具合が起こった場合、きちんとした仕様書が残されていなくてもバクの修正が行えるようになるほか、他社製品の仕様や技術を参考に、より良い製品を開発することができるようになります。

アジャイル

 

ウォータフォールモデルみたいに最初から全部の機能を開発していくのではなく、細かい機能ごとに短期間で開発してはリリースするサイクルを繰り返し、機能を随時追加していく手法の事を「アジャイル」と呼びます。

アジャイルとは、“機敏な”という意味で、ユーザが必要としている機能を素早く提供することができる他に、機能変更のニーズにも柔軟に対応することができます。小規模な開発チームによるシステムの開発や、スマートフォン向けのアプリなど、めまぐるしくニーズが変化していくシステムの開発に向いていると言えるでしょう。

また、ユーザと協調しながら開発を進めていくことや、設計書などのドキュメントを作成するよりも「ソフトウェアを作成する」を優先していく、といった特徴があります。

 

設計からリリースまでの繰り返し行われている開発サイクルを「イテレーション」と呼びます。

スポンサーリンク

エクストリームプログラミング(XP)

 

先程アジャイル開発について説明しましたが、この開発にはいくつかの手法があります。代表的な手法が今回説明する「エクストリームプログラミング(XP: eXtreme Programming)」では、次のようなプラクティス(実践項目)などが定義されています。

テスト駆動開発

 

通常の開発では、作成したプログラムが想定通りに動作するかどうか、テストプログラムを作成して確認していきます。「テスト駆動開発」はその逆です。最初にテストプログラムを書いてから、そのテストプログラムが動作するプログラムを書いていきます。

そうすることで、最初からバグの少ないプログラムを作成することができ、開発期間を短縮することができます。

ペアプログラミング

 

2人1組になって、「コードを書く人」「コードをチェックする人」と分かれて、交互に担当しながら開発を行っていくことを「ペアプログラミング」と呼びます。こうすることで、ソフトウェアの品質を高めることができます。

リファクタリング

 

外部仕様を変更することなく、プログラムの内部構造を変更することを「リファクタリング」と呼びます。ソフトウェアの動作を変更せずに、プログラムを後から見たときにわかりやすく、修正しやすいように変更していきます。こうすることで、ソフトウェアの保守性を高めることができるのです。

Dev Ops

 

少し横道にそれますが、 をご存じでしょうか?

Dev Opsとは、システムの開発部門と運用部門が密接に連携し、しステム卯を迅速に届けることをいいます。開発(Development)と運用(Operation)の文字を合わせた造語となっています。

開発部門は一般的にはユーザの機能追加の要求に対して迅速に対応することを重要視します。その一方で運用部門は、システムを安全に安定に稼働させることを重要視します。そのため、機能の追加には慎重になるのです。

こういった役割の違いから対立しやすい両者が密接なコミュニケーションを図っていき、目的を共有して協力し合うことで、リリースまでの期間を短くし、柔軟であり迅速なシステム開発を実現しているのです。

プロジェクトマネジメント

 

ここからは、プロジェクトマネジメントについて説明させていただきます。

 

日々行われている定型業務とは違い、限られた期間に行う独自の業務のことを「プロジェクト」と呼びます。1件1件のシステム開発案件もプロジェクトになります。

プロジェクトはただ完了させて終わり、というわけではなく、きちんと決められた納期と予算で完了できるように管理していかなければならないのです。プロジェクトを管理していくことを「プロジェクトマネジメント」と呼びます。

プロジェクトの立ち上げ

 

プロジェクトは、「プロジェクトの立ち上げ」から開始されます。プロジェクトの立ち上げ時には、プロジェクトの目的・目標・内容などを「プロジェクト憲章」と呼ばれる文書にまとめていきます。

また、プロジェクトの責任者となる「プロジェクトマネージャ」を選任していくほかにも、プロジェクトに必要となる人材や資金などの資源を確保していきます。

PMBOK

 

プロジェクトマネジメントの知識を体系化した国際的なガイドラインとして「」と呼ばれるものがあります。PMBOKでは、プロジェクトマネジメント活動を5つのプロセスに分類していきます。

 

<プロジェクトマネジメント活動の5つのプロセス>

プロセス名 作業内容
立上げ プロジェクト憲章を作り、プロジェクトの開始と資源投入について承認を受ける
計画 プロジェクトで行う作業を洗い出して、プロジェクトマネジメント計画書を作成。作業内容は、管理可能な単位(アクティビティ)に詳細化する
実行 プロジェクト計画に含まれるアクティビティを実行
監視

コントロール

プロジェクトの進捗管理、予実管理、作業の変更管理を行う
終結 プロジェクトを終結・解散。プロジェクトで実際にかかったコストや開発期間、成果物などの情報を収集・評価して、次回に役立てる

 

またこのプロセスにおいて、次のような観点で管理を行う必要があると考えられています。この観点のことを「知識エリア」と呼びます。

 

<知識エリア>

知識エリア 説明
スコープ 「スコープ」とは範囲のことであり、プロジェクトの成功のために必要な作業や成果物の項目を過不足なく洗い出し、管理していく
タイム プロジェクトのスケジュールを作成。進捗状況の確認や、変更があった場合にスケジュールの調整を行う
コスト プロジェクトにかかる費用が、あらかじめ設定した予算に収まるように管理する
品質 プロジェクトで作成される成果物が顧客の要望を満たす品質であるように管理する。成果物を事前に決定した手順で作成しているかどうかのレビューも行う
人的資源 プロジェクトチームを編成し、各メンバの役割や責任、参加期間などを管理する。また、メンバが持っている能力を最大限に発揮できるように育成・指導する
コミュニケー

ション

プロジェクトに関する情報が、適切な相手に適切なタイミングで伝わるように、伝達方法などを管理する
リスク プロジェクトのリスクを把握して識別し、それぞれのリスクに対する対策案を検討していく。プロジェクトにおけるリスクには、プロジェクト遂行に良い影響を与える「プラスのリスク」と悪い影響を与える「マイナスのリスク」が存在する。プラスのリスクは発生率や影響が最大になるように、マイナスのリスクはなるべく影響が最小となるように対策をとっていく
調達 プロジェクトに必要な資源を外部から調達する場合、調達先を選定したり、契約内容を管理したりする
ステークホルダ プロジェクトメンバ、顧客、株主、取引先企業などの、プロジェクト活動によって利害が発生する可能性がある全てものを「ステークホルダ」と呼ぶ。ステークホルダと良好な関係を構築・維持できるように管理する
統合 プロジェクトの立上げから終結するまでのプロセスの間を、今まで書いてきた全ての観点で統合的に管理して、相互調整を行っていく

 

管理手法

 

プロジェクトマネジメントでは、常に「対象範囲(スコープ)、納期(タイム)、予算(コスト)の3つについて制約を受けることになります。これらを管理するための手法としては、WBSとファンクションポイント法の2つがあります。では詳しく見ていきましょう!

WBS

 

プロジェクトの対象となる作業を把握しやすいレベルにまで要素を分解して、階層化した構成図で管理する手法が広く使用されています。このことを「」と呼びます。

要素分解した作業ごとに、それぞれ目標や作業内容、スケジュール、成果物を設定します。

簡単に言えば、木のような階層構造で、トップダウン的に整理・表現していく手法です。

ファンクションポイント法

 

開発費用や工数を見積もる方法として、システムが持っている機能の数と難易度を基とし、システムの規模を見積もる「ファンクションポイント法」があります。機能の数には、入力画面の数やファイルの数などが含まれます。

TCO

 

かつて、システム開発に必要なコストといえば、開発にかかるコストのみのことを指していました。現在では、システムが複雑化してきているために、運用や保守にかかるコストも無視できなくなるほど大きくなってきています。そのため、システムの導入から運用・保守・ユーザの教育に至るまで、それらを含む総コストである「(Total Cost of Ownership)」で見積もっていくことが一般的となっています。

 

CMMI

 

組織における開発能力を客観的に評価するための指標として、「」と呼ばれるものがあります。

CMMIは、システムの開発でのプロセスの成熟度を5段階のレベルに分けてモデル化したものです。評価の結果、レベルの低いモデルに該当する場合には、改善を行っていきます。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?今回は開発プロセスとプロジェクトマネジメントについて解説していきました。

開発プロセスとプロジェクトマネジメントは双方とも、会社の中でも特に企画部に関わる仕事をしている人にとってはとても重要な部分になってくると思います。

今回はざっくりと説明させていただきましたが、こういった方法があるのだなと考えていただけるだけでも嬉しいです。

 

また、ITパスポート試験でもこういったマネジメント系は出やすくなっているのでしっかりと覚えて行ってくださいね!

1つ1つの積み重ねがITパスポートの合格に繋がっていきます。頑張っていきましょう!

 

それでは今回はここまでです!

ITパスポート試験におすすめのテキスト

ここでは、数あるITパスポート試験対策用のテキストの中から特におすすめのテキストを紹介していきます。

栢木先生のITパスポート教室

 

令和03年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室

 

この、栢木先生のITパスポート教室は書籍の帯に「103万人が選んだ教科書」と書いてあるように、毎年多くの受験者に読まれている参考書です。

テキストの中でも図を使った解説やイラスト分けを利用した分かりやすい解説が行われており、各章の終わりには問題演習を行う事もできるようになっており、インプットとアウトプットが同時にできるようになっています。

更に、アルファベットで書かれた用語は日本語で読み方を記載しておりますので読み方を調べたりする手間がかかりません。

IT系の知識にこれまで全く縁がなく、これから学習する人の気持ちに寄り添ったテキストだと言えます。

キタミ式イラストIT塾 ITパスポート

 

キタミ式イラストIT塾 ITパスポート 令和03年 (情報処理技術者試験)

 

 

この、キタミ式イラストIT塾は全体的に学習漫画のような書き方がされており、難解なIT用語を暑かったりしているにもかかわらず、スラスラと読みやすいのが特徴です。

おすすめ書籍の例に漏れず、過去問を掲載しているためインプットと同時にアウトプットを行い知識の定着をしっかりと確認しながら進める事ができます。

上記の「栢木先生のITパスポート教室」よりも更にイラストが多く活用されているため、活字を読んで学習するのが苦手だという方や、本当に読み進めやすいテキストを求めている方にもおすすめです。

いちばんやさしいITパスポート 絶対合格の教科書+出る順問題集

【令和3年度】 いちばんやさしいITパスポート 絶対合格の教科書+出る順問題集

このテキストは出題範囲の広いITパスポート試験の中から、試験に出てくる重要なポイントに絞って重点的に解説をしているため、無駄なく短期間で合格を目指したい人におすすめの書籍です。

重要なポイントだけだから穴があると言ったこともなく、しっかりと基本知識を身につける事が出来る非常に良い書籍です。

重要用語を暗記するためのページもあるため、コツコツと隙間時間を使って暗記をする時にも非常に良い使い方ができるでしょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事