子育てにウォーターサーバーはどうなの?各メーカーのサーバーを特徴を中心にご紹介!
スポンサーリンク

目次



子育てにウォーターサーバーはどうなの?各メーカーのサーバーを特徴を中心にご紹介!

 

今回は子育てをしている家庭で利用しやすいウォーターサーバーをご紹介します。

 

ウォーターサーバーは美味しい水を飲むために利用するという印象が強いですが、今のウォーターサーバーにはミルクづくりに適しているウォーターサーバーもあるんです。

 

なので、今回は子育てをする上であると子育てをサポート出来るウォーターサーバーを6種類ピックアップしてきました。

 

お子さんがいる家庭やこれから生まれる予定のあるご家族は本記事で紹介しているウォーターサーバーを参考にして見てください。

 

きっと良いウォーターサーバーが見つかると思いますよ。

 

これはボックスのタイトルです。

・子育てをサポートしてくれるウォーターサーバーが知りたい方

・どんな機能があるのか知りたい方

 

 

 

スポンサーリンク

そもそも子育てにウォーターサーバーはどんな役に立つの?

 

最初に子育てをする上でウォーターサーバーがあると役に立つことを解説していきます。

 

子育てにウォーターサーバーを利用することでのメリットは4つあります。

 

それがこの4つです!

 

子育てにウォーターサーバーを利用するメリット

・ミルクを作るときにすぐにお湯が用意できる

・離乳食の準備する際に利用出来る

・水の買い出しに行く必要がなくなる

・赤ちゃんに安全に配慮している水を飲ませることが出来る

 

それではそれぞれを深堀りしていきます。

 

メリット1:ミルクを作るときにすぐにお湯が用意できる

 

 

まず、子育てをしている家庭で大変なことの1つのミルク作りです。

 

ミルクを作る際には一般的な手順はこのようになっています。

 

ミルクを作るときの手順!

1.ヤカンや電気ケトルなどで70℃以上のお湯を沸かす

2.哺乳瓶に粉ミルクを入れ、お湯で溶かす

3.哺乳瓶を流水などに当て、人肌に冷ます

 

ウォーターサーバーがあるとこの手順1のお湯を沸かす必要がなくなります。

 

これはウォーターサーバーには温水タンクがあるので、いつでも高温のお湯を使うことが出来ます。

 

お湯を沸かすというのは特別大変なことではないですが、赤ちゃんがいる家庭では大きな手間になりますよね。

 

この数分の時間をミルクを作るための時間短縮になると考えたらとても魅力的ですね。

 

深夜などにもわざわざお湯を沸かす必要がないのはとても楽になります。

 

メリット2:離乳食の準備する際に利用出来る

 

 

近年の離乳食には色々な種類があり、フリーズドライの商品もあります。

 

このような離乳食にはお湯で戻すだけで出来るます。

ミルクと似た理由になってしまいますが、このような場面でもお湯があると非常に便利です。

 

子育てのちょっとした手間を失くすことに非常に役に立ちます。

 

 

メリット3:水の買い出しに行く必要がなくなる

 

赤ちゃんがいるうちは買い出しをする際に紙おむつやぺびー用品などを買う必要が出てきます。

 

そんな中で水などの飲み物も一緒に買うのは大きな手間になります。

ウォーターサーバーならば水のボトルは自宅に届けてもらうことが出来ます。

 

空ボトルも自動で回収してもらえるメーカーや、そのまま捨てるだけで良いメーカーもありますのでボトルの処理も考える必要がありません。

 

メリット4:赤ちゃんに安全に配慮している水を飲ませることが出来る

 

これはウォーターサーバーの一番の利用目的とも言えると思いますが安全な水を飲むことができます。

 

最近は「水道管老朽化問題」もありますので水道水をお子さんに飲ませるのは少し不安という方も居ると思います。

 

ウォーターサーバーで提供している水は安全面に非常に徹底しているので非常に安心して利用することが出来ます。

 

また、プレミアムウォーターやクリクラなどのウォーターサーバーを提供しているメーカーが公式サイトで提供している水の検査結果を載せています。

もし不安のある方は公式サイトをみても良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

子育て向きのウォーターサーバーを選ぶときはどこを見るべき?

 

ここまでウォーターサーバーのメリットをご紹介してきましたが、実際に選ぶときはどこを見れば良いのでしょうか、

 

ここを見れば自分に合ったウォーターサーバーを選べるというポイントをまとめました。

 

自分に合ったウォーターサーバーを選べるというポイント

・水ボトルの交換は簡単に出来る

・サーバーとボトルの保管のスペースの確認

・維持費用や子育てプランはあるのか

・解約条件の確認

・デザインをチェックしよう

 

 

それではこの5つのポイントを見る時の特徴をそれぞれ解説します。

 

 

ポイント1:水ボトルの交換は簡単に出来る

 

ウォーターサーバーを利用する上で一番見るべきといっても過言ではないのがボトル交換です。

 

ボトルの設置個所はサーバーの上部という印象が強いですが現在は色々な種類があります。

 

まず、本体の下部にボトルを設置するタイプ。

次に設置個所は様々ですが容量の少ないボトルを採用することで手間を減らすタイプです。

 

ボトル交換をしやすい分には何も問題ないのですが人によってはこの作業が一番手間になってしまうという方もいますのでしっかり検討しましょう。

 

 

ポイント2:サーバーとボトルの保管のスペースの確認

 

「ウォーターサーバーをどこに置くのか」この疑問はウォーターサーバーを契約する上で誰もが想定すると思います。

 

ウォーターサーバーには水の保管をするスペースも必要になります。

特に子育てをしている家庭では尚更水の保管場所を確保するのは大変です。

 

後から水の保管場所がなくて困ったとならないようにするためにも事前に水の保管場所を決めておきましょう。

 

ポイント3:維持費用や子育てプランはあるのか

 

基本的にウォーターサーバーは購入して使うものではないのでレンタル料や水の購入費用が掛かります。

 

なので実際に契約をする前に1ヵ月の維持費用を確認しましょう。

 

一般的に水の使用量が24Lと仮定した場合の電気代などを含めた月額費用は月額3,000円未満の場合は安く、月額3,000円以上4,000円未満が一般的な値段、月額4,000円以上が高額となっています。

目安にしてください。

 

また、子育て世帯向けに各メーカーがお得なプランを用意している場合があります。

 

水ボトルが無料やプレゼントの特典があるので是非チェックしてみてください。

 

ポイント4:解約条件の確認

 

これは完全にミルク作りのためにウォーターサーバーを契約する際に注意することなのですが、卒乳後にはウォーターサーバーを使わなくなると思います。

 

なので契約前に解約条件を確認しましょう。

一般的にはスマートフォンのように何年契約という形になっているので注意しましょう。

 

解約金がないメーカーもあるのでミルクづくりのために契約する場合は事前に必ず確認しましょう。

 

 

ポイント5:デザインをチェックしよう

 

ウォーターサーバーと言えばボトルがむき出しのインテリアになるイメージとは程遠いと思いますが最近のウォーターサーバーは非常におしゃれなものが増えています。

 

子育て向きのウォーターサーバーを探すという意味では軽視されがちになる部分ですが、インテリアになりそうなウォーターサーバーを選ぶのも生活を豊かにしてくれます。

 

インテリアにこだわりたい方はおしゃれなウォーターサーバーをえらんでみてはいかがでしょうか。

 

子育てにおすすめのウォーターサーバーを6社ご紹介!

 

 

1.フレシャス dewo【ボトル交換がとてもラク!】

 

(画像は各メーカー公式サイトより)

 

フレシャスの魅力はデザイン性も良いのですが「ボトル交換が楽な点」です。

 

フレシャス dewoが採用しているのはウォーターパックと言って名前の通り水がパックになっています。

 

重さもさほど重くない7.2Lになっていて容量が少ない分交換頻度は増えてしまいますが交換自体は非常にスムーズにできます。

 

ウォーターパックは本体の上部に設置し、ボタンを押すだけで水をセット出来ます。

 

 

また、本体の上部に給水ボタンがあるので5歳までのお子さんであれば間違って押してしまうということもないのも良いですね。

 

dewoのもう1つの魅力はなんといっても「電気代の安さ」ですね。

 

最近のウォーターサーバーではよくついている機能のエコモードの他に、スリープ機能とデュアルタンクの省エネ機能が付いているので、従来のウォーターサーバーと比べ大幅な電気代のカットに成功しています。

 

一般的なウォーターサーバーの電気代は約600円/月~が多いのですがフレシャスdewoでは約306円/月~(メーカー発表)になっているので電気代では家計に優しくなっています。

 

これらを踏まえてフレシャス dewoは1ヵ月辺りの維持費用はどの程度なのでしょうか。

 

計算した所このようになります。

 

サーバー名 レンタル料 水パック代金 電気代 合計

(一番安い値段で計算した場合)

1.FRECIOUS dewo

550円 FRECIOUS富士:4,992円/1箱

FRECIOUS朝霧高原:4,924円/1箱

FRECIOUS木曽:5,056円/1箱

(2箱以上で次月レンタル料無料)

約306円~ 約5,780円~

※値段は全て税込みです。

※電気代は1ヶ月を30日と計算し、エコモードを使用した場合。

 

その他の費用を含めると1カ月当たりの維持費用は約5,780円/月~になっていますので結構高くなってしまいますね...。

 

 

 

フレシャス dewoまとめ

・ウォーターパックでボトル交換がしやすい

・デザイン性が高くカラーバリエーションも豊富(全5色)

・電気代自体は非常に安い金額になっている。

・1ヵ月の維持費用は約5,780円/月~

 

 

また、フレシャスは比較的大きめのウォーターサーバーですがミニサイズになったフレシャスdewo miniもあります。

こちらは名前の通り小さいサイズになり卓上型なので置き場所にも困らないのでおすすめです。

 

フレシャスdewoの公式サイトはこちらから

https://www.frecious.jp/dewo/

 

2.プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATERウォーターサーバー【デザイン性で選ぶなら】

 

 

「cado×PREMIUM WATERウォーターサーバー」は家電ブランドとコラボしているウォーターサーバーになっています。

 

直線でデザインされているウォーターサーバーになっており、インテリアとして見ても非常に良いウォーターサーバーです。

 

ボトルは本体の下部に設置するので交換の際に大きな負担になりません。

 

給水もボタン操作で複雑な仕組みになっていないので直感的に使いやすくなっています。

 

そして今回このウォーターサーバーを選んだ理由は「チャイルドロックの安全性が高い」ということです。

 

一般的なウォーターサーバーのチャイルドロックではつまみの部分の操作のみでチャイルドロックを行う機種が多いです。

しかし、「cado×PREMIUM WATERウォーターサーバー」では本体の背面にお湯を出せないようにするスイッチがあります。

 

背面にあるのでお子さんにはスイッチの存在が分かりづらいです。

お子さんが誤ってお湯を出してしまうという事を未然に防げるのはとてもありがたいですね。

 

電気代はエコモードを使用時であれば約670円/月~となっています。

レンタル料などを含めると1ヵ月辺りの維持費用はこのようになっています。

 

サーバー名 レンタル料 水ボトル代金 電気代 合計

(一番安い値段で計算した場合)

2.cado×PREMIUM WATERウォーターサーバー

0円 12L×2本

3,974円

約670円~ 約4,644円~

※値段は全て税込みです。

※電気代は1ヶ月を30日と計算し、エコモードを使用した場合。

 

また、契約期間は3年となっていて、それより短い期間で解約すると解約金が発生するので注意しましょう。

 

cado×PREMIUM WATERウォーターサーバーまとめ

・本体下部にボトルを設置するので負担が少ない

・デザイン性が非常に高くスタイリッシュなデザイン

・電気代自体は非常に安い金額になっている。

・1ヵ月の維持費用は約4,644円/月~

 

 

契約期間は少し長めですがデザインと高性能なことを考えるとお手軽な値段になっていますね。

 

cado×PREMIUM WATERウォーターサーバーの公式サイトはこちらから

https://premium-water.net/waterserver/cado/

 

 

3.コスモウォーター Smartプラス【チャイルドロックが3種類】

 

 

コスモウォーターから「Smartプラス」のご紹介です。

このサーバーの魅力はなんといっても必要な機能が最低限揃っていて値段がお手軽な点です。

 

まずボトル交換ですが水ボトルが下部にあり、専用のバスケットにボトルをセットしスライドするだけで利用することが出来ます。

 

 

また、チャイルドロックも3段階あるのが非常に特徴的です。

一般的なウォーターサーバーのような「簡易チャイルドロックモード」、赤ちゃんがいる家庭で利用しやすい「完全チャイルドロックモード」、利便性を優先したい際の「チャイルドロックフリーモード」の3段階です。

 

 

状況に合わせて選べるのは非常に良いですね。

 

電気代は1ヵ月辺り約474円/月~になっています。

これらを踏まえて1ヵ月辺りの維持費用はこのようになります。

 

サーバー名 レンタル料 水ボトル代金 電気代 合計

(一番安い値段で計算した場合)

3.Smartプラス

0円 12L×2本

4,104円

約474円~ 約4,578円~

※値段は全て税込みです。

※電気代は1ヶ月を30日と計算し、エコモードを使用した場合。

 

比較的お手軽な値段ですね。

 

契約期間は2年になっています。

水ボトルの休止なども出来るので無理なく水を消費出来ると思います。

 

 

コスモウォーターSmartプラスまとめ

・本体下部にボトルを設置するだけなので負担があまりない

・デザインが可愛らしくどこにでも馴染むデザイン

・チャイルドロックの種類が豊富

・水ボトルの休止が可能

・1ヵ月の維持費用は約4,578円/月~

 

Smartプラスの公式サイトはこちらから

https://www.cosmowater.com/product/waterserver/smartplus.html

 

 

4.アルピナウォーター エコサーバー【赤ちゃんのためのサーバー】

 

 

赤ちゃんのミルク作りにはRO水というピュアウォーターが適しています。

軟水であれば問題はありませんが赤ちゃんに良い水に超したことはありません。

 

そこでアルピナウォーターのエコサーバーがおすすめです。

アルピナウォーターが取り扱っている水の硬度は「1.05」なのでかなりの軟水です。

 

サーバーも卓上型と床置きの2つから選ぶことが出来るのはとても嬉しいですね。

 

チャイルドロックも二重なのでお子様が居ても安心して利用することが出来ます。

 

 

電気代は約650円/月~となので一般的ですね。

レンタル料を含めた1ヵ月辺りの維持費用はこのようになっています。

サーバー名 レンタル料 水ボトル代金 電気代 合計

(一番安い値段で計算した場合)

4.エコサーバー

959円 12L×2本

2,268円

約650円~ 約3,868円~

※値段は全て税込みです。

※電気代は1ヶ月を30日と計算し、エコモードを使用した場合。

 

意外とお手軽な値段になっています。

 

契約期間は1年間なので赤ちゃんがミルクを卒業する間での期間のみの契約もしやすいですね。

 

アルピナウォーター エコサーバーまとめ

・赤ちゃんに最適なピュアウォーター

・チャイルドロックが二重で掛けることが出来る

・契約期間が短いので赤ちゃんのためだけに利用出来る

・1ヵ月の維持費用は約3,868円/月~

 

 

アルピナサーバーエコサーバーの公式サイトはこちらから

https://www.alpina-water.co.jp/dispenser/eco.html

 

5.ワンウェイウォーター smart 【業界最安値】

 

 

ワンウェイウォーターsmartの魅力は何といっても業界最安値ということです。

 

ボトルも下置きになっており、温水冷水にもチャイルドロック機能が付いています。

機能に関しては必要最低限の機能が付いています。

 

電気代は約446円/月~になっています。

これを踏まえて1ヵ月の維持費用は次のようになります。

 

サーバー名 レンタル料 水ボトル代金 電気代 合計

(一番安い値段で計算した場合)

5.Smart

0円 12L×2本

2,700円

約446円~ 約3,146,円~

※値段は全て税込みです。

※電気代は1ヶ月を30日と計算し、エコモードを使用した場合。

 

1ヵ月契約してもなんと約3,146円/月~となっており非常に安い値段になっています。

ボトルに関しては2本以上が必須なのですが、それ以上は好きな本数頼むことが出来ます。

 

契約期間は2年になっていて一般的になっています。

 

ワンウェイウォーター smartまとめ

・値段が業界最安値

・必要な機能が一通り付いている

・1ヵ月の維持費用は約3,146円/月~

 

 

ワンウェイウォーターsmartの公式サイトはこちらから

https://onewaywater.com/waterserver/smart/

 

6.クリクラ クリクラ省エネサーバー【まずは無料でお試し】

 

 

クリクラ省エネサーバーの魅力はなんといっても無料でお試し出来ることです。

ウォーターサーバー業界では無料体験をしているのは非常に少ないので貴重なウォーターサーバーです。

 

実際に使った上で納得してウォーターサーバーを使うことが出来ます。

お試しで使える期間は約1週間となっており12Lのボトルを使うことが出来ます。

 

クリクラのウォーターサーバーを見てどこかで見たという人もいるのではないのでしょうか。

なんとクリクラのウォーターサーバーは全国の産院でも使われているため見かける機会が合ったのかもしれません。

 

また、卓上タイプもあるのでスペースに不安な場合でも利用しやすいです。

 

電気代は約756円/月~となっています。

これを踏まえて1ヵ月の維持費用はこのようになります。

 

サーバー名 レンタル料 水ボトル代金 電気代 合計

(一番安い値段で計算した場合)

6.クリクラ省エネサーバー

画像12

0円 12L×2本

2,920円

約756円~ 約3,676円~

※値段は全て税込みです。

※電気代は1ヶ月を30日と計算しています。

 

比較的お手軽ですね。

これに別途として初回は7,700円(税込)が掛かってしまいますが、その分解約金が発生しません。

 

 

 

クリクラ省エネサーバーのまとめ

・無料でお試しが出来る

・必要な機能が人取り付いている

・初回費用が掛かるが解約金が発生しない。

・1ヵ月の維持費用は約3,676円/月~

 

 

クリクラ省エネサーバーはなんといっても無料でお試しできるが良いですね。

とりあえずウォーターサーバーを試したい方には非常におすすめです。

 

6社の中で特におすすめなのはどれ?

 

ここまで6種類のウォーターサーバーを見てきましたが結局どこがおすすめなの?とお考えの方も居ると思います。

 

実際のところ各家庭でウォーターサーバーに求めているものが違うと思うので一概にこれがおすすめとは言えません。

 

そこで改めてご紹介したウォーターサーバーの魅力をまとめてみました。

 

サーバー名 特徴 1ヵ月の

維持費用

(最安値で計算)

1.FRECIOUS dewo

・ウォーターパックでボトル交換がしやすい

・デザイン性が高くカラーバリエーションも豊富(全5色)

・電気代自体は非常に安い金額になっている。

約5,780円~
2.cado×PREMIUM

WATERウォーターサーバー

・本体下部にボトルを設置するので負担が少ない

・デザイン性が非常に高くスタイリッシュなデザイン

・電気代自体は非常に安い金額になっている。

約4,644円~
3.Smartプラス

・本体下部にボトルを設置するだけなので負担があまりない

・デザインが可愛らしくどこにでも馴染むデザイン

・チャイルドロックの種類が豊富

・水ボトルの休止が可能

約4,578円~
4.エコサーバー

・赤ちゃんに最適なピュアウォーター

・チャイルドロックが二重で掛けることが出来る

・契約期間が短いので赤ちゃんのためだけに利用出来る

約3,868円~
3.Smartプラス

・値段が業界最安値

・必要な機能が一通り付いている

約3,146,円~
3.Smartプラス

・・無料でお試しが出来る

・必要な機能が人取り付いている

・初回費用が掛かるが解約金が発生しない。

約3,676円~

※値段は全て税込みです。

※電気代は1ヶ月を30日と計算しています。

 

この特徴を見て自分に合っているウォーターサーバーを見つけてください。

 

まとめ

 

今回は子育てをする家庭でおすすめのウォーターサーバーを調べてきました。

 

無料のウォーターサーバーで試すのや赤ちゃんの為にピュアウォーターを用意するなど様々な選び方があると思います。

 

最後に今回の記事のまとめです。

 

今回の記事のまとめ

・ウォーターサーバーがあると子育てがスムーズに出来る

・契約期間をよく確認して選ぶ

・キャンペーンやボトルの交換のしやすさをチェックする

 

 

以上の3つがポイントです。

子育てにウォーターサーバーを導入することで非常にスムーズにミルクを作れるのでいかがですか。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事