未経験から学習を始めてWEBエンジニアに転職する方法
スポンサーリンク

目次



未経験からエンジニアになれる?

未経験からwebエンジニアを目指す人は何をすべきなのか?どのようにすればエンジニアになる事ができるのか?

このページでは未経験からエンジニアになりたい人へこれから求められるエンジニアに転職するための道を紹介します。

エンジニア転職に関するサイトは近年非常に増えてきていますが、このページではそれぞれでの疑問を解決できるように様々な未経験からエンジニアとして転職するための情報を掲載していきます。

まず、エンジニアとして転職して成功するのは簡単なことではありません。楽な事をして稼げるのであれば誰でも既にやていますし、エンジニアが増えるということは競合が増えるわけですから今のように人にエンジニアになる方法を伝えるサイトは多く生まれていないでしょう。

これらを前置いた上で「楽ではない」「稼げるエンジニアとして「後悔しない転職を成功」させるための情報を伝えていきます。

エンジニアは今後も更に人材不足が加速する事が見込まれているため、高い技能を身につければ更に市場価値の高い人材になる事ができます。

しかし、最初に「楽ではない」とお伝えしているように未経験で学習を始めてからエンジニアとして転職を遂げるのは簡単ではありません。

エンジニアも難関資格も、学習を始めてから転職が見えてくる以前の学習段階で挫折する人が非常に多いです。

それだけプログラミングに限らず学習を続けていくのは難しい事なのです。

更に、学習を続けることができていたとしてもそれが実務で役に立つかどうかを考えずに学習していたために実際に転職したりエンジニアとしてフリーランスで案件を取ってからどのような点に着目し意識を付けて学習すれば現場で活躍できるエンジニアになれるかわからず苦労します。

今回はそうならないように

未経験からエンジニアとして転職するために何が必要か

未経験からエンジニアとして転職するための学習方法・転職への手順

実際に仕事で活躍できるエンジニアとはどのような人なのか

と言った、簡単そうに見えて実は難しいポイントについて解説していきます。

ここでは未経験からwebエンジニアを目指すにあたって、よくある質問をまとめます。

気になるところだけピックアップして確認していきましょう。

本当に誰でも未経験からエンジニアに転職できるのか?

エンジニアは確かにこれから中長期的に売り手市場になることが見込まれています。しかし、誰でも本当にエンジニアに転職することができるのか疑問に思った人は少なく無いでしょう。

確かに、その人の年齢や経験によって転職の難易度は変わります。中には勉強をしていても、その習得に差が出てくることだってあるでしょう。

しかし、学習をしっかりすれば30代だったり、学歴やまともな職歴がなくてもエンジニアになることは可能です。

センスや学歴が他の仕事ほど影響せず、自分の努力でどこまでも稼げる自分なりの生き方を実現できる可能性があるのです。

スポンサーリンク

IT業界への転職をする前に!業界に関する知識

IT業界でエンジニアになるための事を知る前に、基本的な業界知識を簡単に学んでおきましょう。

これがわからない状態でエンジニアになろうと学習を始めても

  • 実際どんな仕事をしているのか
  • どのような場所で勉強したことは活かされるのか
  • そもそもどこに気をつけて学習するべきなのか

と言った点がわからなくなってしまい効率的な学習から程遠くなってしまいます。

まずエンジニアと言っても様々な種類があります。その中でも、ここではwebアプリケーションを作成したりするwebエンジニアについて紹介していきます。

webエンジニアとは? どんな事をしている仕事なのか

webエンジニアとは、インターネット上に存在する様々なサービスのシステムを作成しているエンジニアです。

メルカリ、カカクコム、楽天、Freeなど 現在は生活をしている上で様々なwebサービスに触れます。

こうしたサービスのシステムを作成するなどといった根幹を担っているのがwebエンジニアとなります。

これらのサービスは年々規模や利用者数が増加していることを鑑みると、これからwebエンジニアの需要が高まるのは容易に想像ができます。

その中でもwebエンジニアには様々な分類があります。下記でそれぞれを紹介します。

コードを書くことでプログラムを作成しwebサイトを作るエンジニア(コードを書くのは主にこの人たち)

  • フロントエンドエンジニア webサイトの見た目に当たる部分を作る
  • バックエンドエンジニア:webサイトに蓄積されていくデータを構築する

webサイトそのものを作るわけではないがコードを書くこともある

  • インフラエンジニア:webサイトが動く土台となるものを作る
  • テストエンジニア:webサイトがエラーや想定外の動きをせずに正しく動くことを確認する
  • SREエンジニア:webサイトが安定して動くように様々な準備をする
  • セキュリティエンジニア:webサイトやその周囲のセキュリティに関する対策や実行を行う(今後注目の業種)

このようにwebエンジニアと言っても数多くの種類が存在します。

今後プログラミングを学習してエンジニアになろうとする方は主に現場でコードを書くことが多い「フロントエンドエンジニア」「バックエンドエンジニア」にまずなると思われますので、ここではこれらの職種に転職する方法や勉強方法について解説をしていきます。

webエンジニアに転職するメリット

webエンジニアを含むエンジニアに転職するのは、どのようなメリットがあるでしょうか。

簡単ではないのですから、それなりにメリットがないと態々転職しようとは思いません。

エンジニアになるメリットとしては以下の3つが主に言われているものになります。

エンジニアになるメリット
・様々な企業で様々な仕事をする土台になる
・年収が高めで自分の技能次第で限りなく年収を上げることができる

・副業も含め様々な働き方が可能

様々な企業で仕事をする土台になる

現在すでにその流れは来ていますが、エンジニアは今後10年以上に渡り人材不足が続きその市場価値は上がり続けます。

経済産業省によると、政府の試算によると2020年の時点ですでに31万人のエンジニアが不足しており、2030年には79万人ものエンジニア不足が生じると言われています。

2020年時点でエンジニア職の求人倍率は10倍前後となっており、エンジニア1人に対する求人数で表すと1人で10の求人がある状態となっており、その売り手市場ぶりがわかると思います。

HR TECH LABという人材会社の調査を見ても、2019年時点でエンジニアの求人倍率は9~11倍、つまりエンジニア1人に対して求人が10個あるような状態が続いているのです。

 

年収が高めで自分の技能次第で限りなく年収を上げることができる

世界的にも同じような状況なのですが、IT業界におけるエンジニアは他の業界と比較して年収が高い業界でもあります。

マイナビ転職をはじめとした複数の転職サイト等の業界別年収ランキングではITエンジニア関連の職種がトップ10に複数ランク入りしています。

経験を積んで、転職エージェントを利用した転職をすることで20代でも代でも500〜600万円の年収を狙うことが可能です。

 

副業も含め様々な働き方が可能

徐々に終身雇用から転職しやすい様々な働き方を実現すべく2018年から進んできた働き方改革の1つとして、副業の原則解禁が発表されました。

特に就業規則のモデル案として厚生労働省が出しているものにあった画期的な変更が話題になりました。

第68条 労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。

出典:厚生労働省

副業そのものは解禁されても、まだ終身雇用と専業の文化は根強く副業をしている人材はまだ3割前後と言われています。

副業を始めるにしても、本業でやっていた仕事以外の技能がなく始め方もどのようなことができるかもわからないと言った事例が多々あります。

それに対して、IT業界やエンジニア職は時給にして2500~3500円ほどの時給に加えて本業とは別ジャンルの知識も本業と相乗効果を見込める知識も、その両方を磨くことができます。

本業の年収よりも多くを稼ぐことも夢ではなく、非常に多様な働き方が可能な時代になりつつありあります。

プログラミングを学習した人や、フリーランスとしての一歩を踏み出したいと考えている人はクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスを使って小さな案件をこなして経験を積んでいくことになる例も多くあると思います。

スポンサーリンク

まずは学習を始める準備から!

ここからは具体的にエンジニアを目指すための準備を始めていきましょう。

始めるにあたっては基本的にパソコンを準備すれば他には大きな準備は必要ないのですが、重要なことが3つあります。

1・どのようなエンジニアになりたいか

2・どんなエンジニアになりたいかを踏まえて学習する言語を決める

3・学習を続けやすい適した環境を整える

 

学習をするためにPCが必要なのは考えなくてもわかると思います。そこで、プログラミングのPCはMacがいいのかどうかはずっと議論になっています。

結論から言うと、プログラミングの学習をするにあたってPCはMacをおすすめしますが、WindowsにこだわりがあったりMacを持っていないと言う方はWindowsでも特に不自由することはないと思われます。

MacはWindowsより割高ですので、学習段階から無理をすることはないと思います。

しかし、IOSアプリを作りたいのであればWindowsでは作れませんのでいますぐにMacを買ってください。

詳しくは以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

1・どのようなエンジニアになりたいか

WEBエンジニアと言っても多様な職種があるのは上記で説明した通りです。

その中から興味ある分野を見つけたとしても、最初から希望が通るとは限りませんし、興味が変わることはあります。

しかし、どのようなエンジニアになりたいか将来像を明確にすることで学習をするときもモチベーションを上げることができる他に学習するときに転職後を意識することができるため、身につくのが早くなる効果を見込めます。

2・どんなエンジニアになりたいかを踏まえて学習する言語を決める

プログラミングと言ってもプログラムを組むにあたって使用する言語には様々なものがあり、それぞれの言語に特徴や得意とする分野があるため最初に学ぶ言語の選択はしっかりと考えて行いましょう。

  • webシステムの画面など動く部分を編集するための言語 JavaScript
  • webシステムの基本的な構成をする(WEBサービスのベースを作る) PHP  Python Ruby Node,
  • 機械学習やデータ解析 Python
  • iOSアプリの制作 Swift
  • Androidアプリの制作 Java Kotlin

などと言った感じで得意な分野が言語別にあります。優劣のようなものはありませんが、よく考えて選びましょう。

 

慎重に選ぶべきと言っておきながらですが、1つの言語をマスターすれば他の言語を学ぶのは最初ほど難しくない上に後から勉強したり変更することも可能ではあるので必要以上に神経質になる必要まではありません。

 

学習を続けやすい適した環境を整える

何事もそうだと思いますが、プログラミングにも学習をしていく中で挫折したりしてやめたくなる時はあるはずです。

そうなってしまうのは仕方ありませんし、何よりも重要なのは挫折してもめげずに学習を続けることですが、事前に挫折しにくい環境を作って学習に取り組むことで挫折を避けられるならそうした方がいいのは明白です。

全ての勉強法に共通しますが、挫折しにくい環境を作るために重要な要素は

・1人で抱え込まない

・自分に合った学習方法で学習を最適な形で進める

こうすることで、学習のストレスが軽減され少しでも学習意欲を減退させにくくなります。

これらの方法はそれぞれの人により違うので、ご自身に合った方法を皆さんで見つけることができたらその方法をぜひ実践してください!

具体的な方法としては、

・TwitterやSNSなどで同じ境遇の仲間とのつながりを作っておく。

・現役エンジニアの声を聞く機会があったら積極的に参加してみる

と言った方法が有効です。

特にTwitterやSNSの活用はすぐにでもできることなので、今にでもアカウントを作成してみましょう。

 

実際にプログラミングの学習を始める

ここまででプログラミングを学習するための準備は整ったと思いますのでこれからは実際にプログラミングを学習ウィていきましょう。

学習を始める段階で目的とそこに到達する時期を明確にする

未経験からのエンジニア転職を目指している人がこのページを見ていると思いますが、そのためにはまず

「いつ学習を始め、いつ学習を終え、いつ実際に転職をするのか」を事前に考えておきましょう。

目的に到達する時点について何も考えず勉強を続けても時間を無駄にしてしまいますし、モチベーションを維持するのも大変になっていきます。

短期で集中して学習をするのが理想ではありますが、それが難しい場合は毎日の学習時間などから必要とされる日数を割り出していきましょう。

実際に必要な機関としては、短期で集中して学習をして半年ほどだと考えておけばいいのではないかと思います。

考える際に「どれくらい学習をすれば転職できるのか?」は、事前に把握しておきましょう。

習得のスピードには目的や個人差もあるので余裕を持って計画を立てるといいと思います。

 

実際の学習の進め方

ここからは実際に学習を進めていく具体的な手順を紹介していきます。

独学とスクールに通う2つの方法を紹介しますが、結論から言うと「独学はお勧めできません」

なぜなら、プログラミング初心者は何から学習していいかわからず効率的に学習を進めることができないまま挫折してしまい、挫折した後のフォローをしてくれる人もいないからです。

仮に学習を再開できたとしても、余程の天才だったりしない限りはスクールを使うよりも多くの時間を消費してしまうことになると思います。

下記で学習方法について紹介していきます。

独学

  • 書籍を購入する。
  • 学習を進めていく。

プログラミングスクール

  • スクールのカリキュラムに沿った形で学習を進めていく。

次はここで紹介したスクールのメリットや学習する上で必要とされているもののサポートを全て受けられる最適なプログラミングスクールを紹介します。

 

TechAcademyの転職保証コースなら初学者から転職までサポートを受けられる!

最適なルートとして紹介した短期集中の学習で初心者からエンジニアになるための学習から転職のサポートまで受けることを考えたらがTechAcademy最もお勧めです。

 

TechAcademyは数多くあるプログラミングスクールの中でも非常におすすめできます。
その注目ポイントとして、
  • 週に2回のオンラインによるサポートが受けられる
  • プログラミングスクールの中では価格が比較的安い
  • 他のスクールには無いことが多い無料体験制度がある
  • 全ての受講カリキュラムがオンラインで完結する
  • 豊富な転職紹介実績から様々な企業と繋がりがある
  • 年齢制限なし
  • 様々なコースがあり、多くの言語や職種に対応

 

上記で紹介している通り、TechAcademyは通うかどうかを悩んでいる人に向けて他のスクールにはあまりない無料体験制度があります。

お金が掛からず、どのようなスクールなのかを知る事ができる機会なので是非無料体験を受けてみるといいです。



TechAcademy 無料体験 公式サイト



プログラミングスクールを利用すべきか迷っていて、検討してもまだスクールに通う事のメリットに確信が持てない方は無料体験を受けた後にでも、自宅で学習を行い、一通りやってみてください。

3ヶ月〜半年の短期間でエンジニアになるためには最も近道となるのはスクールに通ってしっかりとしたプロのエンジニアからプログラミングを学ぶ事だと自信を持って言い切れます。

やってみると、スクールに行くメリットがわかりやすくなると思います。

安い買い物では無いので、納得して通うことが大切です。

プログラミングスクールは近年増えていて、評判の良く無いスクールに通ったために後悔の声も聞かれます。

何十万円も払ったのに、指導者も教材もレベルが低く、転職もほったらかしで何も得られなかったなどと言ったことにならないように通うスクールについてはしっかりと公式サイトを見たり無料体験などを通じて調べておきましょう。

TechAcademy 無料体験 公式サイト

転職活動を開始!

学習を終えたら実際に転職活動です。

スクールに通っていれば、スクールがサポートしてくれますが、自ら主体的に就職活動をしないと後から後悔してしまう可能性があるためどのような形で進むのか自分自身でも確認をしておきましょう。

転職のために必要なことを把握し、働くにあたって良い企業を見極めることが必要です。

転職活動の進め方や有利に進める方法

転職活動を効率的に他の希望者と差をつけられる形で進めるためには下記のように進めていきましょう。

  1. エンジニアとしての技術力や基礎力をアピールするためのポートフォリオ作成
  2. エンジニア未経験でも可能な転職サイトや転職エージェントに登録
  3. 転職する上での自分の魅力やアピールポイントを見つける
  4. 履歴書・職務経歴書の準備
  5. 面接で好印象を持ってもらえる面接対策
  6. 採用された企業の中から自分にあった企業を見つける

 

スクールの紹介で転職しない場合、未経験からエンジニア転職をねらうのであれば、転職サイトやえ転職エージェントはどこにするかはとても重要です。

転職は即戦力が求められることも多く、それはエンジニアでも例外ではありません。

そのため、転職サイトや転職エージェントによっては未経験をサポートの対象外としていて自動的にお断りされる可能性があります。

下記で私自身も使い、未経験でも転職で親身になって紹介をしてくれる転職エージェントや転職サイトを紹介するので是非ご覧ください。

 

転職は人生の節目 転職してから後悔しないように万全の準備で臨みましょう

転職は人生の重要な節目となります。ご自身で情報収集から企業調査・応募・面接日程の調整と様々な作業を現在の仕事に従事しながら取り組むのはとても大変な事と思います。

貴重な時間を有効に活用し、綿密に企業を選ぶためには外部の転職エージェント等の助けを借りるのは有効な手段です。

転職は上記のように非常に重要なタイミングです。その転職活動で「効率よく」「転職後のミスマッチを減らす」ためにも是非転職エージェントに登録をして見ることをおすすめします。

現在、大企業や上場企業を含めた様々な業種において面接対策や年収に関する交渉まで引き受けてくれる転職エージェントを経由した転職が増えています。

その理由は転職エージェントが求職者視点だけでなく、企業側にとっても求める人材像に合致した人を探してくると言った側面を有するためです。

そのため、企業側との信頼関係があり求職者との関係でもミスマッチを減らせる事から一般応募可能な求人には出てこない非公開案件も多数あります、

更に、プロの視点から綿密な対策を行うことにより書類審査の通過率も転職エージェントを利用するメリットと言えます。

 

このように、転職エージェントを使うメリットとしては

・希望通りの条件や年収の転職先を見つける手伝いをしてくれる。

・面接対策や年収等の条件に関する交渉代行してくれる。

・自分自身で全ての作業をやって無駄な時間を使わず、プロの転職エージェントに任せる事ができる

・公募求人には出てこない非公開案件がある。

など、転職エージェントは転職までのサポートを全面的に行ってくれます。

企業への連絡を行う事に慣れていない人や転職を実際にするために誰かの後押しが欲しいと言った方にも有効です。

転職エージェントが必ず求職者にとって良い案件を紹介してくれるのか信用できないと言った声もあります。

転職エージェントの言っていることを完全に鵜呑みにしてそれだけに流されてはいけないと言うのは事実ですし、転職エージェントや求人会社もビジネスですので、これは転職エージェントだけでなくその他全ての仲介業者に当てはまる基本です。

ですが、転職エージェントはただ人を求人出稿企業に紹介すればいいだけではありません。求職者を求人企業に就職させ、しっかりとその職場に馴染んで継続的に貢献する人材を紹介しなければなりません。

求職者は基本的に無料で利用できる転職エージェントですが、求人企業は転職エージェントやその他採用活動に多額の費用をかけています。

人材を紹介して、新しい人を雇ったものの求職者の「思っていたのと違った」や求人企業の「求めていた人材はこんな人ではない」となってしまったりすると、その転職エージェントが評判を落とすため転職エージェントは両方の利益になるような形で転職先の紹介を行わなければなりません。

転職活動を自分で行うと全て自分でやらなければなりませんが、転職エージェントを利用すると下記のような転職の作業を転職エージェントに任せる事ができます。

転職エージェントに求人者として登録

メールや通話などでエージェントと面談を行い希望を伝え内容について協議する

転職エージェントと求職者の協議した内容に合致する紹介先企業を紹介

転職先企業を転職エージェントから紹介され選考に応募

先行を受け、採用通知を受けて転職に成功!

と言った手順になります。

転職エージェントの利用は無料で簡単に登録が可能です。転職先に関する希望や職種を細かく決めていなくても、エイクルートエージェントやマイナビエージェントなど大手の転職エージェントであれば様々な案件を持っている事に加えて経験も豊富なので転職先を選ぶ助けにもなるはずです。

おすすめ転職エージェント 全て登録無料!

下記でおすすめの転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

  • 業界最大手で独占・非公開案件も含め求人情報が豊富
  • 選考の手続きから年収の交渉まで代行可能
  • 案件の豊富さからどこに住んでいてもどこで働きたくても案件を見つける事が可能
  • 多くの案件を扱ってきた事から蓄積された情報を分析し最適な転職先を見つける事が可能
  • 求職者の利用は無料

リクルートエージェントは公開されている求人以外にも10万件以上の非公開求人情報を有する日本でも有数の転職エージェントです。

各起業別の面接対策や応募書類の助言と指導は勿論ですが、自分自身ではやりにくい年収交渉やリクルートが独自に有するそれぞれの業種や企業に関する情報も提供しています。

転職が初めての方でも各業界ごとに豊富な知識と経験を有するアドバイザーから上記のように細かい点までサポートを受けることができるため、非常にスムーズに進められるでしょう。

リクルートエージェントの登録はこちら!

リクルートエージェント

リクナビnextもご紹介します! こちらも登録後、スカウト登録することで、企業や転職エージェントから直接オファーが届きます!

リクナビNEXTの登録はこちら!

リクナビNEXT

 

 

マイナビエージェント

  • IT・通信業界の求人案件が充実!(注目!)
  • 中小企業求人における独占案件が多数存在!
  • 第二新卒の就職や転職活動に強い!

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェント」の調査結果でNo.1に選ばれている事からも20代をはじめとした若い世代の転職で非常に豊富な案件で強みを発揮します。

20代の転職となると転職未経験で不安な方も多いと思われますが、担当者となったエージェントが丁寧に転職希望者の抱える転職の悩みに一つひとつ答えてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

 20歳代と言った若い層が多い第二新卒の就職や転職に関するサポートも非常に手厚く行っており、業界未経験でも使用・内定を取れる求人や、求人票には普段乗らない職場環境などの情報をアドバイスしてくれるアドバイザーもいるなどしており、経験やスキルがない20代でも人柄重視で採用が決まる求人案件を多く抱えています。

初めての人や未経験など、スキルが無いけど転職したいと希望する20代や30代の若い層にもおすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

パソナキャリアは、リクナビやマイナビと同じく、人材関連の大手企業である「株式会社パソナ」の転職エージェントサービスです。これまでに人材紹介等の事業で蓄積した25万件以上のデータがあり、それを活かした転職が可能です。

 オリコン顧客満足度調査「転職エージェント部門で3年連続1位(2019年〜2021年)

」を獲得するなど、数字でも分かる非常に満足度が高い転職エージェントサービスを提供しています。

パソナキャリアが求職者に対して提供するサービスで他社と違った特徴としては、各企業に応じた最適な形になるよう応募書類の添削等も含めた丁寧で手厚いカウンセリングです。それぞれのキャリアアドバイザーが求職者のスキルや個性・経験と言った要素を勘案して最適な求人を見つけ出し、紹介してくれます。

さらに、パソナキャリアを通じて転職した求職者の中で年収アップを達成した利用者の割合は67.1%と非常に高く、年収を増やしキャリアアップを実現したいと考えている方にもおすすめです。

dada

DODAは何と言っても取り扱っている求人のうち、80%以上が通常の求人サイト上には公開されていない非公開求人なのが他との違いであり強みです。
自分で求人サイトに登録しても応募できないような求人にも、dodaの転職エージェントを通じて応募する事が可能です。

さらに、dodaでは経験豊富な転職エージェントが企業の求人への応募、選考結果の通知、面接日程の調整など内定までを事細かにサポートしてくれます。

また、必要に応じて個別にキャリアカウンセリングを実施することもあり、分からないことをプロの転職エージェントに相談できるため、転職活動が初めてだったりする20代など若い方や転職が不安な方でも安心して転職活動を進めることができます。

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/doda

doda

 

IT求人ナビ

エンジニアの一歩を踏み出す方は未経験でも入社後にお給料をもらいながらエンジニアとして仕事をするための教育を受けることができる企業を見つけることができます。

経験者は転職で長くIT求人ナビが培ってきたノウハウを活かした、豊富な求人案件から最適な転職先を見つけられます。

転職やその先を見据えたキャリアの相談から転職先企業の提案、年収等条件面での交渉など総合的に転職サポートを提供してくれます。

IT業界での支援実績も13年と長くあるため、豊富な実績を背景にした安定感のある転職・就職サポートが可能となっています。

 

IT業界未経験はこちら



ITエンジニアに特化した未経験者就業支援サイト【IT求人ナビ】

IT業界経験者の転職はこちら

 

IT求人ナビ転職  IT業界に特化した豊富な転職サポート



ブラック企業や後悔する企業に転職しないために

未経験のエンジニアは大手の有名企業に一発目から入るのは非常に厳しいです。そのため、スクールからの紹介でも自分で見つけたりしても多数はベンチャー企業化SES企業に行くことになります。

その中で自分に合った企業を見つけるためには限られた情報の中で探す必要があります。

優良企業のポイントとしては

  • 現職や元在籍した従業員からの評判がいい
  • 会社の人が自分の会社に愛着を持っている
  • 面接時に企業の悪い側面や厳しい面も話してくれる
  • 働きがいを求めるなら「裁量の大きさ」も重要です。

経験の浅いエンジニアには厳しい点もありますが、少しでも希望するところに行くために拘ってみましょう。

エンジニアに転職する心の準備ができたらすぐに取り掛かろう!

ここで紹介した情報はエンジニアになるにあたって基本的な情報ばかりですが、これに沿ってしっかりと学習を継続していけば大抵の人はエンジニアとして仕事を得る事ができると思います。

エンジニアになるのは学習時期において相当な学習と経験が必要でそれを実務で生かす形で習得しなければならないので簡単だとは言えません。しかし、

  • 転職が容易になり、自分で仕事をする環境や人を選ぶことができる
  • 自分ができるようになればなった分だけ稼げる仕事になる

と言ったようにエンジニアになる苦労はエンジニアになった後のメリットと比べればそう大したものではないように思います。

これから長くエンジニアは人手不足が続き売り手市場になることが見込まれています。実際にエンジニアにならなかったとしても、学習する過程で得られたWEBやIT関連の知識は必ず役に立つはずです。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事