年収1000万円でも生活が苦しい人は多く存在。年収1000万円の生活レベルとは。
スポンサーリンク

 



年収1000万円は「金持ち」なのか?

年収1000万円の生活

  • 年収1000万でも生活が楽とは限らない
  • 年収1000万でも手取り額は750万円ほど
  • 将来のための家計管理が必須
スポンサーリンク

年収1000万円の実態

年収が1000万円だとしても実際に使えるお金が1000万円というわけではなく、手取り金額は1000万円よりも減ります。 年収1000万円の人の生活は想像しているほど楽ではないのが現状です。

全給与所得者の5%

国税庁が公表した平成30年分民間給与実態調査によると、年収が1000万円を超えている人の割合は全給与所得者の5%でした。 民間給与実態調査は毎年行われており、年収1000万円超の人が占める割合は年々少しずつ増えています。男女別に見ると男性は全体の7.7%、女性は全体の1.2%が年収1000万円を超えています。

手取り額は750万円前後

年収1000万円というときの年収はほとんどの場合額面年収であり、実際の手取りはそれよりも少なくなります。正確な手取り金額はボーナスの有無などによっても変わるため一概にはいえませんが、おおよそ750万円前後です。 750万円でもかなり高収入であることに変わりはありませんが、額面年収の3/4程度になってしまうと考えると引かれる金額がかなり多いことは間違いありません。

共働きして年収1000万円を稼ぐ方が手取り額は多い

共働きで夫婦それぞれの収入を合算すると1000万円に届くという家庭のほうが、実は手取り金額は多くなります。夫婦それぞれが500万円ずつを稼ぐと仮定すると、それぞれの手取りは400万円弱、夫婦合算しての手取りは800万円弱になるからです。 同じ年収1000万円でも1人で1000万円稼ぐよりも2人で1000万円稼いだほうが手取りが多くなるというのは意外な盲点かもしれません。

スポンサーリンク

年収1000万円の生活レベルとは

企業に勤めている身としては、1000万円超の年収を得て少し余裕を持った暮らしを営むというのは憧れの1つです。 ただ実際のところ年収1000万の人の生活レベルは一般的なサラリーマンの生活レベルと大きくかけ離れているわけではありません。年収1000万の人の出費や貯金事情を把握することで現実が分かります。

特別裕福というわけではない

年収1000万円といっても何の気兼ねもなしにお金を湯水のごとく使えるほど裕福というわけではありません。少しぐらいの贅沢はできますが、散財していれば途端に生活が苦しくなってしまいます。 実際年収1000万円を稼いでおきながら収支のバランス調節に失敗して、生活が苦しいと嘆く人は決して少なくありません。

住んでいるのが都会・地方によって異なる

生活を維持するために必要なお金は都会と地方で大きく異なります。 家賃はもちろんのことスーパーで購入する食材や生活必需品などの値段・外食するためにかかるお金などは、いずれも都会のほうがはるかに高いのが一般的です。 年収1000万円を稼いで裕福な生活がしたい場合は、都心部から少し離れたベッドタウンなどに生活の拠点を置くのが望ましいといえます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事