年収400万円の生活や車事情とは。賢い節約術で無理なく貯金するには。
スポンサーリンク



年収400万円の生活や車

年収400万円で生活している人の割合

  • 2018年度の平均年収は441万円
  • 年収400万円代(400~499万円)以下の割合は全労働人口の64%
  • 年収400万円のひと月あたりの手取り金額は約25万円
スポンサーリンク

年収400万円の生活水準

年収400万円の手取り金額は、社会保険料(健康保険料・年金保険料など)と所得税や住民税が差し引かれ、おおむね25万円です。賞与も加算され、年間では約320万円となります。 ただし同じ年収400万円でも、独身か既婚か、また年齢などによっても生活水準は大きく異なります。自分や家族が無理なく生活を送り、車などの趣味も楽しめるような理想の生活水準について紹介します。

手取り額は25万円程度

年収400万円は単純にひと月にすれば33万円になりますが、それがそのまま自由に使えるわけではありません。そこから病気やケガをした時のための健康保険や、老後の生活のための年金保険などの社会保険料が強制的に差し引かれ、ひと月おおよそ25万円程度となります。 またさらには所得税や住民税といった税金も差し引かれることになります。これらは毎月の給料から自動的に差し引かれるため、差し引かれた金額が手取り額となります。

月々の生活費はいくらまで

年収400万円の手取り額は、ひと月おおよそ25万円です。この金額で毎月の生活費や家賃、車の購入費や維持費などを支払っていくことになります。総務省の「家計調査年報2017年」によると、月々の生活費の割合は以下の表の通りです。

項目 割合
食費 23.8%
住居費 5.9%
光熱・水道費 6.7%
家具・家事用品 3.4%
被服費 4.1%
保健医療費 3.6%
交通・通信費 15.8%
教育費 6.0%
教養娯楽費 9.7%
その他 20.4%

生活費に占める割合は「食費」が最も高く、手取り25万円の場合だと食費にかけられる予算は約6万円になります。次いで「交通・通信費」では約4万円が予算です。 しかし、これはあくまでも平均値であって、独身なのか既婚なのか、子供がいるかいないかによって支出のバランスは大きく変わります。また住居費用についても、賃貸であれば収入の約30%は家賃負担となります。 自分の生活環境に合わせ、無理・無駄のない支出を心がけることが大切です。

スポンサーリンク

車の購入は200万円が理想?

(画像:Unsplash

続いて車の購入について解説します。車を保有することは、車体価格の負担もさることながら、ガソリン代などの月々の支出や2年ごとの車検費用なども考慮しておく必要があります。 車の利用頻度や同乗者の数も考慮すべき要素です。家計を考慮し無理のない範囲で、より実用的で後悔のない車を選ぶようにしましょう。続いては車にかけられる費用について説明します。

理想の金額は年収の半分以内

車の購入予算はおおよそ年収の半分程度を目安にしましょう。年収400万円であれば、約200万円の予算を組むことをお勧めします。 もちろんそれよりも高い車を購入することは可能ですが、月々の返済負担を考慮しましょう。同じ条件でローンを組んだ場合の返済負担は以下の通りです。(金利5%で5年返済、頭金なし) ・200万円の場合、月々の返済額37,742円(支払い総額226万円) ・300万円の場合、月々の返済額56,613円(支払い総額340万円) 200万円の予算があれば多くの選択肢の幅があります。また大型のファミリーカーでも中古であれば200万円以内で十分に探すことは可能です。

高級車を買う節約術

月々の負担は大きくなりますが、高級車を購入することで結果的に節約になる場合もあります。ポイントは以下の3つです。 ・燃費性能のよい車であれば、ガソリン代などのコストを抑えられる ・環境性能のよい車であれば、自動車税や自動車重量税などの税金が抑えられる ・車輌性能のよい車であれば、故障しにくく修理や買い替えのコストが抑えられる 購入後のコストを考慮すれば、型式が古く燃費の悪い中古車よりも、新しく燃費の良い車を選択したほうが結果的に節約となる場合もあります。それに加えて高級車は日常に幸せな気持ちを与えてくれるため、仕事の生産性が上がることも考えられます。

年収400万で無理のないライフスタイルへ

年収400万円は日本人の平均的な年収ですが、家族環境によってその生活は大きく異なります。独身者であれば比較的余裕の多い生活を送りながら将来に向けて貯金を行うことも可能ですが、既婚者や子供のいる世帯では決して楽な生活ではないでしょう。 無理のないライフスタイルを過ごすためにも、抑えておくべきポイントを紹介します。また住宅購入を検討している人は以下の記事も参考にしてください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事