年収500万で車にかけられる金額はいくら?車にかける適切な費用感を理解しよう。
スポンサーリンク

 



年収500万で車にかける適切な金額

年収500万円程の方が車を購入する場合、どれくらいの価格の車が適切なのでしょうか。年収から考えた生活水準や金融機関から借入可能なカーローンなどの情報も含めて、適切な価格を紹介します。 また、月々の支払いのイメージも含めてご紹介しますので、車の購入を検討している方はこの記事の情報をもとに、あなたが購入可能な車を検討してみてください。

車の価格

年収500万円程の方の場合、購入できる車の価格はおよそ250万円程度となります。 購入できる車の限度額は年収の半額程度と言われます。金融機関から借りれるカーローンも含めて考えると、年収200万円以上あればカーローンを組むことができ、年収の30−40%が限度額となるので、150万円くらいをローンとして借りれます。 さらに頭金を貯金していくことで250万円が用意できれば無理のない買い物ができます。

月々の支払い

250万円の車を購入した場合、100万円を頭金として支払っていた場合の月々の支払額はおよそ26,000円 車の販売価格には2%〜4%の金利が加算され、車の購入時の分割回数は一般的に60回、36回、84回が選ばれることが多いです。 この場合金利を3%、分割回数を60回とした場合、「150万円×1.03(金利)÷60回≒26,000円/1回」という支払い金額のイメージになります。もちろん実際の金利・分割回数で金額が変わります。

スポンサーリンク

年収500万で購入できる限度額の車

年収500万円ほどの方が購入する車の価格の適切な価格は、先述の通りおよそ半額の250万円ですが、具体的な車種としては、トヨタのシエンタ、日産のヴォクシー、スバルのインプレッサG4などがおすすめです。 シエンタ・ヴォクシーはミニバンと呼ばれるタイプの車で、3列シートタイプの車種なので社内を広々と使うことが出来ます。一方でインプレッサG4は2列シートのセダンです。

スポンサーリンク

1人暮らし、2人暮らしにおすすめの車

一人暮らしや2人ぐらしの方の場合は、先ほど紹介したスバルのインプレッサG4の他に、トヨタのプリウス、シトロエンのC3なども考えられます。 どの車種も価格はおよそ200〜250万円程度で、年収500万円の方にも無理なく購入できる車種です。オススメの車種を3つ紹介しましたが、上記の車種の中で車の価格と、月々の支払いについて考えてみましょう。

車の価格

紹介した3車種の価格を見てみます。 スバルのインプレッサG4の場合、新車は190〜265万円、中古の場合35万円〜235万円価格幅は大きくなります。トヨタのプリウスは新車は250万円から、中古車は70〜150万円程度が相場です。シトロエンのC3は新車は220〜260万円、中古車は50〜150万円程度が相場です。 また、車購入時は車体価格の1〜2割程度が自動車税・自動車取得税・自賠責保険・消費税などの支払いで加算されます。

月々の支払い

ここでは前の見出しで紹介した3車種の中で中価格帯となるシトロエンのC3の価格(新車:240万円(220〜260万円の平均額)、中古車:100万円(50〜150万円の平均額))で月々の支払いをシミュレーションします。 車体価格の1.5割を初期費用として、価格を金利3%、60回の分割払いで支払いをします。また、カーローンの限度額を150万円として、車体価格が150万円を超えるものは頭金を150万円に設定。150万円以下の場合は車体価格の半額を頭金として計算します。 新車の場合、初期費用が240万円×0.015=3,6万円 月々の支払いは(240万円-150万円)×1.03÷60=15,450円 中古車の場合、初期費用が100万円×0.015=15,000万円 月々の支払いは(100万円-50万円)×1.03÷60=8,583円

3人家族以上におすすめの車

3人家族以上の方におすすめの車は、価格の安さで3つ選びました。 オススメの車はトヨタのプリウス、トヨタのタンク、ダイハツのタントあたりが良いです。選出の目安は先程の1人〜2人暮らしに比べて、車以外に掛ける必要のあるお金が増えるため価格の安さで選んでいます。これらの車種について、価格や月々の支払いのイメージを具体的に見ていきましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事