年収500万円の適切な家賃を家族構成ごとにシュミレーションします。
スポンサーリンク

 



年収500万円の場合の家賃

年収500万円の場合はどのくらいが適正な家賃なのでしょうか。年収500万円といっても住民税・所得税などの税金や厚生年金・雇用保険・健康保険などの社会保険料が引かれます。 そのため手取り額にすると400万円前後になります。年収500万円の収入があっても年収400万円前後の家賃を考える必要があります。 また、独身の場合は月額10万~11万円前後、妻・子供がいる既婚の場合は月額8~9万円と家賃の目安が変わります。

スポンサーリンク

年収500万円で独身・一人暮らしの場合の家賃

年収500万円で独身・一人暮らしの場合の家賃はどのくらいになるのでしょうか。月額の家賃の目安は年収の20~25%が理想と言われています。 年収500万円ですと手取り額を考えると月に使える額が25~30万円です。水道・電気・ガス・通信などのライフライン費と食費などを合わせると13万円ほどがかかることになります。 交際費やレジャー費などを考えると家賃に多くのお金をかけることができないのが実態です。下表にて年収500万円~590万円の家賃の目安を示します。

年収 家賃
500万 8.2万
510万 8.5万
520万 9万
530万 9.2万
540万 9.3万
550万 9.5万
560万 9.7万
570万 9.8万
580万 10.1万
590万 10.5万

スポンサーリンク

年収500万円で2人家族の場合の家賃

年収500万円で2人家族の場合の家賃について解説します。2人家族つまり夫婦の場合は水道・電気・ガス・通信などのライフライン費と食費などが1人暮らしよりも多くかかることになります。 また、生活必需品の購入も増えてその分の費用にもお金が必要です。 さらに、1人暮らしよりも広い部屋が必要になり、その分家賃が高くなります。下表にて年収500万円~590万円の独身・一人暮らしの場合の家賃の目安を示します。

年収 家賃
500万 8.5万
510万 8.7万
520万 9万
530万 9.2万
540万 9.5万
550万 9.7万
560万
10万
570万 10.1万
580万 10.1万
590万 10.3万

年収500万円で3人家族(子供1人)の家賃

年収500万円で3人家族(子供1人)の家賃はどのくらいになるのでしょうか。年収500万円で3人家族(子供1人)の家賃に充てることが出来る額は9万円~10万円です。 3人家族では水道光熱費2万円、食費と日常生活での必需品費で6万円、教育費4万円など17万ほどがかかります。家賃と合わせると26万円ほどになります。 また、子供の高校や大学のための資金を貯金する必要があります。下表にて年収500万円で3人家族の家賃の目安を示します。

年収 家賃
500万 9万
510万 10万
520万 10.2万
530万 10.2万
540万 10.3万
550万 10.3万
560万 10.5万
570万 10.7万
580万 10.7万
590万 10.9万
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事