年収700万の手取りや税金・社会保険料などを解説します!
スポンサーリンク



年収700万の手取り一覧

(画像:Unsplash

年収700万円は、日本の平均年収を上回っています。しかしそこから様々な費用が天引きされます。 ここでは配偶者と子どもがいない、額面年収が700万円台の会社員における手取り額を紹介します。賞与は年2回で2カ月分×2で算出します。月々の給与・年2回の賞与総額・手取り総額は以下の通りです。

額面年収 給与手取り(月額) 賞与手取り(2回の総額) 手取り総額
7,000,000 332,087 1,328,350 5,313,400
7,050,000 334,053 1,336,215 5,344,860
7,100,000 336,020 1,344,080 5,376,320
7,150,000 337,986 1,351,945 5,407,780
7,200,000 339,952 1,359,810 5,439,240
7,250,000 341,918 1,367,675 5,470,700
7,300,000 343,885 1,375,540 5,502,160
7,350,000 345,851 1,383,405 5,533,620
7,400,000 347,817 1,391,270 5,565,080
7,490,000 351,356 1,405,427 5,621,708
スポンサーリンク

年収700万円にかかる税金一覧

(画像:Unsplash

年収700万円の人に限らず、収入には税金がかかります。「所得税」と「住民税」です。ここでは配偶者と子どもがいない会社員を例に、計算方法を紹介します。 税金を計算するためには、課税所得を確定させなければなりません。そのため「額面年収」から「控除額」を引く必要があります。控除には「基礎控除」と「給与所得控除」があります。

年収700万円台の場合は所得税の基礎控除が38万円、住民税の基礎控除が33万円となっています。「給与所得控除」は額面収入×10%+120万円です。 所得税は累進課税表に基づいて算出します。年収700万円だと課税所得は3,712,000円で累進課税は20%、控除額が427,500円となっています。所得税は課税所得×20%-427,500円で求められます。

一方の住民税は「所得割」と「均等割」に大別されます。所得割は課税所得の10%、均等割りは5,000円前後かかります。

年収700万の税額

ここでは配偶者と子どもがいない、額面年収が700万円台の会社員における税金額をまとめておきました。所得税・住民税・月々の支払額は以下の通りです。

額面年収 所得税額(年額) 住民税額(年額) 月の支払い額
7,000,000 314,900 376,200 57,592
7,050,000 322,460 379,980 58,537
7,100,000 330,020 383,760 59,482
7,150,000 337,580 387,540 60,427
7,200,000 345,140 391,320 61,372
7,250,000 352,700 395,100 62,317
7,300,000 360,260 398,880 63,262
7,350,000 367,820 402,660 64,067
7,400,000 375,380 406,440 65,152
7,490,000 388,988 413,244 66,853
スポンサーリンク

年収700万の人にかかる社会保険料一覧

(画像:Unsplash

収入には所得税と住民税の他に、社会保険料がかかります。年収700万円の会社員は、社会保険料として「厚生年金」「健康保険」「雇用保険」を支払わなければなりません。そして、社会保険料は保険料率が決まっています。 ここでは「厚生年金」「健康保険」「雇用保険」の支払い額について、説明します。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事