白湯ってどんな飲み物なの?作り方や飲み方をご紹介!
スポンサーリンク



白湯ってどんな飲み物なの?作り方や飲み方をご紹介!

 

美容効果や健康を意識している人にはお馴染みの白湯ですが、名前は知っているけどどんな飲み物なのか分からないという方も多いでしょう。

 

「白湯らしいものをなんとなくで飲んでいる」、「白湯はどんな効果があって体に良いの?」と言う方に向けた記事になっています。

 

本記事では、白湯とはどんな飲み物なのか、白湯の正しい作り方、飲み方、ウォーターサーバーで作れるのかについて詳しく解説していきます。

 

白湯に対して正しい知識を身につけて、日常生活で活かしていきましょう。

スポンサーリンク

白湯ってそもそも何?作り方もご紹介

 

そもそも白湯とお湯と何が違うの?という疑問を持っている方も居ると思います。

 

白湯はお湯と呼び方以外でもしっかりとした違いがあります。

作り方もただ沸騰した水が白湯という訳でもありません。

 

違いを分かりやすくするために白湯、お湯、常温水の違いを表にまとめてみました。

 

白湯 お湯 常温水
温度 90度以上 40度以上 20~35度
作り方 水を沸騰させ続け、

不純物を除去した水

熱を加えた水 常温で保管された水
煮沸 あり なし なし

 

これらのことから白湯は「90℃以上で水を沸騰させ続け、不純物を除去した水」になります。

 

白湯は一般的に熱い状態で飲むべきという意見もありますが、飲むときにはある程度冷ましてからのんでも問題ありません。

白湯の作り方

 

白湯はヤカンや鍋に水を入れ沸騰させる作り方が一番簡単に作ることが出来ます。

この他にもウォーターサーバーで白湯を出すことも出来ます。

 

沸騰させるやり方で作る際には、水道水に含まれている不純物や有害物質の除去を行うために煮沸する必要があります。

 

その点日常的に白湯を飲みたい場合はウォーターサーバーを導入することでいつでもお湯が使えるようになり、ウォーターサーバーの水は天然水やRO水なので手軽に白湯を飲むことが出来ます。

 

しかし、ウォーターサーバーなら、天然水とRO水どちらも殺菌処理などが済んでいるうえにお湯がすぐ使えるので、忙しい時でも手軽に白湯を生活に取り入れることが出来ます。

 

 

【ヤカンなどで白湯の作り方】

1.ヤカンなどに水道水を入れて蓋をして、火をかける

2.沸騰したら蓋を取り、沸騰を続ける

3.10分から15分程度沸かし続けると完成 ※やけどをしないように冷ましてから飲んでください

 

【ウォーターサーバーでの白湯の作り方】

1.コップに温水を注ぐ

2.冷水を足し、飲みやすい温度に調整する

 

それぞれでの白湯の作り方をまとめましたが、やはりウォーターサーバーで白湯を作る方が圧倒的に楽で温度調整もしやすいですね。

スポンサーリンク

白湯を美味しく飲むためのアレンジレジピ

 

白湯を毎日飲みたいけど味がなくて毎日飲むのはちょっとと考えている人や、普通に白湯を飲む以外の方法を探している人に向けてアレンジレシピをいくつか紹介します。

 

レモン白湯

 

 

レモン白湯は白湯にレモン1/2個分の果汁を絞ることでレモン白湯に変身します。

生のレモンでも美味しいですが、市販されているレモン果汁でもレモン白湯になります。

 

手軽にアレンジできるのでおすすめです。

 

 

ハチミツ白湯

 

白湯にはちみつを小さじ1杯入れて混ぜるだけです。

 

かなり甘くなるので甘いのが好きな方はとても美味しく感じられると思います。

ハチミツの量を調節することで好みの甘さにも出来ます。

 

 

大根おろし白湯

 

胃が疲れている場合は大根おろし白湯がおすすめです。

作り方は大根おろしをいれるだけで完成です。

 

飲みにくい場合はだしの素やショウガ、辛みが強い際には酢やレモン果汁をいれることで大変飲みやすくなります。

 

H4

オイル白湯

画像5

 

白湯にオリーブオイルを入れるとオイル白湯になります。

オリーブオイルの量は小さじ1杯分でよく混ぜて飲みましょう。

 

腹持ちが非常によくなるので、ダイエット中の方や小腹を手軽に満たしたいときにはおすすめです。

 

 

白湯の正しい飲み方について解説

 

白湯は飲み過ぎても逆効果になってしまう場合があります。

なのでここからは白湯をどの程度飲めばいいのかや日常での飲むタイミングをご紹介していきます。

白湯は1日どれくらい飲めばいいの?

 

白湯は色々なメリットがありますが飲み過ぎるとむくみの原因にもなってしまいます。

 

あくまでも白湯は水分なので、多くても1日あたり1L~1.2L程度を目安にしましょう。

また、一度のタイミングでこの量を飲むのではなく、一般的によく言われている6~8回に分けて200mlを飲むように心掛けましょう。

 

白湯は出来立てで飲むとやけどをしてしまいますので、必ずある程度冷めるのを待ってから飲むようにしましょう。

健康を意識しているのケガをしてしまったら元も子もないですからね。

白湯はいつ飲むのが効果的?

 

先ほども紹介したように6~8回に分けて飲むのが良いとされています。

これは白湯だけではなく水分をこの程度に分けて取るのが良いとされています。

 

タイミングとしては「起床時」「朝食時」「朝食と昼食の間」「昼食時」「昼食と夕食の間」「夕食時」「夕食後」「就寝前」の8回が理想的と言われています。

 

しかし、実際にこれらのタイミングではお仕事をしている場合等で難しいですよね。

そこで今回はそれぞれのタイミングでの白湯の飲み方の紹介をしていきます。

 

朝起きてすぐに飲む

 

やはり、一番効果的と言ってもいいのは朝食時です。

 

朝起きた時は、体の器官が冷えてしまっています。なので白湯を飲むことにより体の器官が温まることで、消化する機能が高まります。

 

一番良いのは朝食の30分前に飲むのが理想です。

もっというのであれば急いで飲むよりも10~20分程度の時間を掛けて白湯を飲んだ方が体に良いです。

 

このように食べ物をちゃんと消化できるようになるので、必要な栄養素をしっかりと九州出来るようになります。

 

人間は寝ている間に多くの汗をかいてしまっているので、朝起きて何か水分を取る生活リズムを心掛けるようにするだけでも体の調子が改善されます。

 

食事のタイミングで一緒に取る

 

「朝食時」「昼食時」「夕食時」のタイミングに取るのもおすすめです。

 

先ほども紹介したように白湯には体が温まり消化器官が上手く働くようになります。

なので食事のタイミングに飲むことで消化が促進されます。

 

しかし、白湯を飲み過ぎてしまうと消化機能が弱まってしまうというデメリットもあります。

そのため食事全体を通して飲むことを意識しましょう。

 

また、味噌汁といった汁物を飲むことで消化機能が上手く動くようにしても良いので食事に汁物を足すことでわざわざ白湯を飲まないという方法もあります。

入浴前に白湯を飲む

 

お風呂に入ると自分が思っているよりも汗をかいているので脱水症状にもなりやすいので、ぜひ水分補給を行いましょう。

 

食事のタイミングに飲むのも大切ですが、近年はいつの季節でも気温が高いので脱水症状にならないようにするために、喉が渇きを感じる前に水分を取るようにしましょう。

 

就寝する前に水分補給

 

就寝前に水分を補給することを意識しましょう。

 

寝る前に白湯を飲むことでリラックス効果があります。

また、体が程よく温まるため眠りにつきやすくなります。

 

寝る前に毎日繰り返して飲むことでルーチンワークにもなり夜白湯を飲んだから眠くなる時間と体に認識させることにも繋がります。

 

飲み過ぎて夜中にトイレに行きたくならない程度で飲むようにしましょう。

まとめ

 

ということで今回は白湯についてまとめてみました。

 

改めて大事な所を振り返ると

 

・白湯は90℃以上で沸騰させ続けたお湯を指す

 

・白湯を飲むことで体内器官の調子がよくなり多くのメリットがある。

 

・とりあえず白湯を飲むのではなく、正しいタイミングで適した量を飲むように心掛ける。

 

以上の3つがポイントですね。

 

特に最後の「正しいタイミングで適した量を飲む」というのが重要ですね。

飲み過ぎてむくんでしまうなどの逆効果にならないように白湯を飲むことを心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事