最近話題の水素水が飲めるウォーターサーバーをご紹介!4種類のサーバーを価格や特徴で比較
スポンサーリンク

最近話題の水素水のウォーターサーバーはどんなものがあるのか気になるという方や、水を飲むなら水素水がいいけれど値段がどのくらいするのか分からないという方に向けた記事になっています。

 

本記事ではそのような疑問に答えるために水素水を取り扱っているウォーターサーバーの特徴や値段などをご紹介していきます。



水素水サーバーってそもそも何?

 

水素水サーバーについてのご紹介をする前に水素水について解説をしていきます。

水素水ってそもそも何?

 

水素水とは、水素分子や水素イオンを通常の水よりも含んだ水のことです。

 

水素水には明確な定義がないため、どの程度の濃度で水素水と呼ぶかはメーカーによって異なります。

 

水素水製品はよく、「水素水」「活性水素水」「還元水素水」などの表現をされているケースがありますが、基本的にはほぼ同じ意味になっています。

 

余談ですが、「還元水素水」は電気的な生産方法でカルシウムイオンやナトリウムイオンを水に含めています。

 

ここまで水素水の解説をしてきましたが水素水サーバーでは、このような水を取り扱っているものになります。

水素水サーバーには3つのタイプがある

 

水素水サーバーには3つのタイプがあり、それぞれに特徴やメリットがあります。

 

自分が使いたいイメージと合うサーバーを選ぶのが良いと思います。

 

水素水サーバーには3つのタイプがあります。それぞれの特徴やメリットを知って、自分が利用してみたいサーバーのイメージをつかみましょう。

 

また、3つのタイプのおおまかな値段の比較も行っていきます。

あくまでも平均的な値段になっていますので高性能な物なら価格が高めに、小型や簡易な構造のものだと安価になりやすい傾向があります。

 

タイプ1:ウォーターサーバータイプ

 

室内に設置するシンプルなウォーターサーバーです。

水素水の素材となる水を交換し、ボトルから供給するタイプになっています。

 

ボトルの交換する際も無料で行うことが出来、ウォーターサーバー自体もレンタル制となっている場合が多く初期費用を抑えることも可能です。

 

また、他のタイプと比べるとメンテナンスが簡単にできるのも魅力です。

 

料金はウォーターサーバー自体を購入すると、40万円以上になっていきます。

レンタルのウォーターサーバー場合は月に1,000円から5,000円程度になっています。

 

タイプ2:水道直結タイプ

 

水道直結タイプでは水道から直接取水して水素水に変換します。

大きさはメーカーによってさまざまで、大型の変換器から蛇口のようなコンパクトな機器もあります。

 

水道から直結しているため、水素水を大量に生産することが出来るので料理をする際にも水素水を利用しやすいですね。

 

料金は購入するタイプのものでは安いものでは10万円程度で高いものだと60万円台まであります。

タイプ3:給水式ポット、ミニサーバー

卓上に置ける程度の小型サーバーで、タンクに水を入れることで水素水を電気的に生成することが出来ます。

 

他の2タイプと比べて場所を取らないことが大きな特徴になります。デメリットとしては大量の水を生成することには向いていません。

 

少しの量の水素水を作るのには向いているので、大量の水素水を必要としないならばおすすめできます。

 

給水式ポット・ミニサーバー 卓上に置けるくらいの小型サーバーで、タンクに水を入れて水素水を電気的に生成します。 場所を取らず、ちょっとした量の水素水を手軽につくるのに向いています。

 

購入するタイプのものしかなく、数万円から15万円程度になります。

スポンサーリンク

おすすめの水素水が飲めるウォーターサーバーをあつめてみた

 

水素水を扱っているサーバーは一般的なウォーターサーバーと比べると少し高額になってしまっています。

 

しかし、それはあくまでも購入制のウォーターサーバーの話でレンタルサーバーであればお得に利用することが出来ます。

 

そこで本記事では水素水を生成することが可能な、レンタル制のウォーターサーバーについていくつか紹介していきます。

 

アルピナウォーター

(出典:アルピナウォーター)

 

特徴

・超高濃度で最高濃度4.1ppmの水素水を提供している

・ウォーターサーバーに直接取り付けるだけで簡単に利用出来る

・購入ノルマがないので、自分に合ったペースで使える

・利用出来るエリアが限られている

 

月額料金

ウォーターサーバー自体の料金が629円になっています。

そこから高濃度水素キットの値段が関東地域の場合1,729円(税込)、関西、愛知地域の場合2,200円(税込)で契約することが可能です。

 

アルピナウォーターの水素水サーバーの魅力はなんといっても超高密度の4.1ppmの水素水を生成できる事ですね。

また、電極の金属が溶けだしてしまう心配のない期待飽和士気を採用しているのも大変良い魅力ですね。

 

水は定期配送の方式ではなくて、必要なタイミングで注文する形式になっていますので自分のペースで注文出来るのが大きな魅力ですね。

利用出来る地域が限られていますが、できるなら積極的に利用したいですね。

 

他にも水素水サーバーの初回導入設置料が半額になるキャンペーンもやっているので大変お得に契約することが出来ます。

こちらのキャンペーンは2021年12月31日まで開催しています。

https://www.alpina-water.jp/hydrogen-water/ :

 

ピュアハワイアンウォーター

(出典:ピュアハワイアンウォーター)

 

特徴

・北アルプス・ハワイの天然水を水素濃度4.1ppmで飲むことが出来ます

・水素水サーバー式なので「できたての水素水」を楽しめる

・温水蛇口にロック機能が付いているので安全に製品を利用出来る

・ボトルは定期購入制ではないので好きなタイミングで注文が出来る

 

月額料金

水素水キット:月1,100円(税込)

ボトル2本、3ガロン(11.4L):1,944円(税込)

ボトル3本、2ガロン(7,6L):1,370円(税込)

 

ハワイの水を安全にクラスターの小さい純度99.9%以上のRO水に加工出来る水素水サーバーになっています。

溶け込んだ水素が抜けにくく、味もまろやかになっています。

 

気体過飽和式で水素を生成するため、最大4.1ppmの超高濃度水素水をいつでも利用出来ます。

 

水素水サーバーの中では格安の月1,100円で利用できるのが大きな魅力になっています。

 

定期購入制ではなく、好きな時に注文できるのも大きな魅力ですね。

 

予算の関係で水素水サーバーを断念した人に特にお勧めしたいサーバーです。

 

:https://www.hawaiiwater.co.jp/:

Roroca

(出典:吉川商事株式会社)

 

特徴

・ROろ過水なので安全な水を生成することが出来る

・水道直結型なのでボトル交換を意識する必要がない

・サーバー代が掛かるだけなので水素水自体の料金が変わらない

 

料金

初期費用:18,000円(税込)

月額費用:9,000円(税込)

 

Rorocaは、水道直結型の水素水サーバーになっています。

 

ボトルの定期購入や交換が不要なので、重いボトルを交換する手間がかからないので非常に楽に水素水を飲むことが出来ます。

 

他社に比べるとレンタル料が高異様に感じてしまいますが、重いボトル交換する必要がなく、自宅の水道と直結して利用できるため人によってはレンタル料に勝る魅力になっていると思います。

 

また、水道直結型になっていますので好きな目的で水素水を好きなだけ使っても現実的な金額で使う事が出来ます。

 

水素水を毎日好きなだけ使いたいと考えている人には特におすすめの水素水サーバーになっています。

 

:http://yoshikawa-kankyo.com/roroca:

 

水素水生成器:マジックポット

(出典:クリクラ)

 

特徴

マジックポットは健やかな毎日のために、飲み水にもこだわりたい、選びたい。

そんな方々に、ひとつ上の健康とキレイをお贈りするのがマジックポット。

話題の「水素水」をスイッチひとつで作ることのできるタンブラー型水素水生成器です。

(クリクラ公式サイトから引用)

 

特徴

・500mlの水素水を1,000回生成可能

・1,000回以降もタンクベースユニットを交換することで継続利用することも出来る

・コンパクトでどこにでも置ける

・ウォーターサーバーではないので購入する必要がある

商品価格:38,500円

 

マジックポットは、ミネラルウォーターを注ぎ、スイッチを押すことで3~5分待つと水素水が生成される便利な家電になっています。

 

好みの濃度に応じ、水素水の生成時間を調整することであなた好みの味にすることも出来ます。水素水サーバーのような大型の据え置き型ではないので、電源が取れる場所なら好きな場所に設置可能です。

 

水素水の生成は1,000回までとなってますが、別売りのタンクベースユニット[13,200円]を交換すれば引き続きマジックポットを使用することが出来ます。

 

https://crecla.shop/mpot/

スポンサーリンク

ウォーターサーバーを選ぶコツはどんなこと?

 

水素水サーバーを選ぶ際に見るべきポイントは2つあります。

 

1つは水素水サーバーのタイプを目的に合わせて選ぶことです。

水素水サーバーには先程紹介した一般的なウォーターサーバー型、水道から水素水を生成する水道直結型、使いたい料だけを水素水にするポット型の3つのタイプに分かれています。

それぞれのメリットから自分に合った水素水を選びましょう。

改めてどんな人に水素水サーバーはおすすめなの?

 

最後になりましたが水素水サーバーがどんな人に向いているのか紹介していきます。

 

 

特徴

・飲水で美容や健康に気を使いたい方

・普段から水素水を飲用している方

・水素水パウチを利用しているが、より良い物を使いたい方

・安心できる水素水をいつでも好きなだけ使いたい方

・普段の料理で水素水を使いたい方

・1ヶ月に冷水やお湯を飲用目的で12L以上は確実に利用する方

 

特に水素水パウチを利用している方の中には、新鮮なのかどうなのか分からない水素水をあまり使いたくないと不安を感じている人もいると思います。

 

水素水サーバーを利用することで、いつでも好きな時に新鮮な水素水を好きな目的で使うことが出来ます。

 

日頃から美容や健康、調理などの目的に水素水を活用してみたいと考えているのならぜひ、水素水サーバーの利用を前向きに検討してみてください。

 

水素水サーバー選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事