転職したいけどスキルがない。転職で年収を上げたい20代〜30代のやるべきこと
スポンサーリンク

 

転職したいとは思いつつも、今までの仕事でスキルが身に付かなかった、又は全く別の業種に転職したい。

そう考えている転職志望の方にぜひ読んでいただきたいです。特に20代の方は今の職場にやっと馴染んできたあたりだったりすることも少なくなく、転職をするとしても転職活動でアピールする事が中々見つからないことも多いと思われます。転職は即戦力が求められると言われており、実際にその節はありますが必ずしもそればかりではありません。更に、今スキルがないのなら後から習得する事もできます。新しい職場、業種に興味を持ち20代〜30代で転職を考えている方はまだ間に合います!

このまま、転職に踏み切らないまま年齢を重ねるほどスキルの無い業界への転職やそもそも転職そのもので不利になってしまいます。

このページでは、転職を希望している皆さんに向けてどのように転職を進めていけばいいのか?

転職に求められるスキルとはどのようなものなのかを紹介していきます。



スキルがなくても20代〜30代ならまだ転職できます!

転職は20代、30代ならまだ未経験やスキルがない人でも可能です!

20代や30代は社会人になって働き始めてから年月がまだそんなに立っておらず、そんな人ですぐに即戦力として活躍できる人の方が少ないわけです。

そんな事は担当者でも当然わかっています。

なので、全く関係ないわけではありませんが20代〜30代は比較的経験が浅かったり、スキルがなかったりしても転職の難易度が下がります。だからと言って20代〜30代は他の年代に比べて転職で求められるものが少なく簡単なのかというとそうではありません。下記の能力は若いほど求められる傾向にあります。

  • コミュニケーション能力
  • 今後の期待
  • 柔軟性

20代は他の年代と比較して、特定の企業や業界の考え方に固定されない柔軟な動きが期待できる年代です。

日本の企業で新卒が採用で有利な理由と重なりますが、若いうちに採用して長く同じ会社で働いてもらううちに自社の考え方や色に染めていく終身雇用制度のメリットがあるためです。

そのため、今後の見込みを感じることができれば今の時点ではスキルがなかったとしても採用に至ることがあります。

若さという後からつける事はできない要素が立派な武器になるのです。

これは、スキルがなくても転職が可能になる理由となるでしょう。

しかし、やはり転職でもスキルが要求されることはあります。次では、その転職時に求められることのあるスキルやその求められ方を紹介していきます。

転職先によっては経験やスキルが必要になることも

しかし転職先によっては、採用条件にスキルの有無が記載されていることもあります。

まだ若い20代〜30代は未経験やスキルがあまりなくても転職できる可能性があります。

しかし、転職先によっては他の年代の転職と同じように応募条件にスキルが必要である書いてある場合があります。

営業経験2年以上、事務経験2年以上のように職種で指定されている場合もあれば、会計事務所勤務2年以上のように特定の業界での職務経歴が要求されている場合、日商簿記2級以上のような資格が要求されている場合など様々な条件があります。

こうした条件は非常に重要なので見落とさないようにしてください。

スポンサーリンク

転職したいけどスキルがない20代〜30代が転職するためにできること やるべきこと

スキルがないけど転職したい20代〜30代は上記のように年齢的に若い事もあり、やはり未経験の業種や職種に応募することが比較的増えてくると思います。

「未経験者の中途採用でも若ければ採用の可能性あり」と考える企業は確かに多いですが、それだけで採用されるほど甘いわけではありません。

そこで20代〜30代が未経験やスキルがない分野の転職で採用されるためにどんな事が必要かを紹介していきます。

焦らずスケジュールに余裕を持って転職活動や情報収集を始める

これは基本的な事ですが、意外とできずに焦って転職活動をしてしまい無事に内定を取れても思っていた職場と違ったなんてことになってしまう例が実際にあります。

そのためにも早いうちから余裕を持って情報収集を行いましょう。

また、転職活動をしている間は現在の仕事を辞めずに働きながら並行して進めましょう。

スケジュール的により大変にはなると思いますが、転職活動がうまくいかず空白期間が長くできてしまうと経済的にも職務経歴的にも良くありません。

次の内定を取って転職先を決めてから、現在の職場を退職するようにしましょう。

また、情報収集や求人サイトへの登録は早く始めるほど良いです。

求人サイトは数多くありますが、そのほとんどが求職者は無料で利用できます。

自分で調べる必要はありますが、情報収集から応募・面接に至るまで自分でやりとりをするため後からミスマッチが起こりにくいともいえます。

今の時代ではスマホさえあれば簡単にどこでも求人サイトを見て就職活動ができるようになっています。

スポンサーリンク

スキルがなくても転職した後に気をつける事 転職後が大変

スキルがないけど転職で採用されたということは、自分にとっては未知の業界である可能性が高いです。

企業側はその業務に関する知識と経験を有していないあなたを採用したわけですが、それは企業側が1から育てるという事であり、採用された人は1から仕事を覚えるという事です。

ここで、今までの業種でやっていた仕事のやり方や考え方と全く違ったということになるとその新しい職場環境に適応できず、転職した事を後悔する可能性もあります。1から仕事を覚えるわけですから当然忙しくなるでしょう。そのため、未経験やスキルがない分野への転職は転職した後がより大変だといえますまた若手での採用は、転職後にスキルをどんどん身に着けてもらうことが求められるので、スキルがない状態だとやることが多く手一杯になる可能性もあります。転職後についていけなかったり、後悔したりする事がないようにしっかりと転職前の情報収集と転職後のスキル習得に努めましょう。

スキルがなく転職して失敗する人の特徴 5つ

スキルがなくても転職は可能だと紹介しましたが、それでもやはり不安な気持ちはあると思います。

実際に経験がある業種への転職に比べて、経験やスキルがない業種への転職は失敗しやすいです。

ここでは、どのようにすると失敗してしまうのかを紹介していきます。

皆さんはスキルがない分野に転職する際はこの下記で紹介するパターンに当てはまらなければいいのです。

 

  • 本人の能力と職種の適性が合わない
  • 転職が簡単だと甘く見てる
  • 転職理由を人のせいにしている
  • 転職する目的が曖昧

本人の能力と職種の適性が合わない

自分がやりたい事はとても大切です。しかし、全ての人がやりたいことをやれるわけではありません。

やりたいだけではなく、自分に「できる」ことなのか、できないなら「できるようにする」ためにどうすれば良いかを考えなければいけません。

明らかに適正が無かったり、能力がないと見られればおそらく採用はされないでしょう。

しかし、前述のように「できるようにする努力」はできます。

転職が簡単だと甘く見てる

転職は甘くありません。他にも多くの転職希望者がいて、大抵の場合において新卒採用よりも少ない枠を取り合うのです。

それだけ倍率が高く、厳しいものだというのは少し考えればわかります。

しかし、慢心などから面接の対策や履歴書・職務経歴書を最低限又は適当に済ませてしまう人がいます。

元々の面接でアピールできるスキルがない、経歴・経験もないと言った場合はこの面接や履歴書等の書類が貴重なアピールする場となります。

面接や書類が面倒な気持ちはあると思いますが、ここで適当にしてしまうぐらいならそもそも転職活動自体が無駄になってしまいかねません。

特に面接については、自分の答えから相手がどのような反応をしても対応できるようにしておくのがベストでしょう。

 

転職理由が他人のせい 自分が主体ではない理由

何をする時もそうですが、他人のせいにする癖がついている人は中々転職でもうまくいかないことが多いです。

転職の理由を誰かのせいにしている人は新しい職場でも他人のせいにしてすぐに転職してしまうかもしれないと懸念されてしまうためです。

自分に問題点や改善できる点が無かったかどうか、それを乗り越えてやっていくより良い方法は無かったか、それを考えていく方が先につながる上に転職の時にも面接で話して、好印象を持ってもらうことができます。

転職する目的や理由が漠然としている

「前の会社で人間関係がうまくいかない」

「職場環境がいわゆるブラック企業だった」

「やる気が出なかった」

「やりたい事と違った」

おそらく前職を辞めて、転職を決意した理由はこのようなものだと思います。しかし、面接で同じことを言っては面接官に「どうして、ここに転職したいのか」を伝えることはできません。

その会社に転職したい理由を伝えられなければ、「ここじゃなくても良くない?もっと熱意がある人を採用したい」となってしまいます。

自分がこれまでどんな人生を歩んできて、そうしてその企業を志望しているのかをしっかりと伝えられるようにしましょう。

転職したいけどスキルがない人は準備が大事

先ほどもお話しましたが、転職したいけどスキルがない人は準備が非常に重要です。

具体的に言うと、

  • 転職したい理由を明確にする
  • 自己分析や業界研究は念入りに
  • 求人サイトや転職エージェントへの登録
  • 志望動機・自己PRは企業よって変える
  • 面接は身だしなみやマナーから意識

など。

最初の就職活動よりも、自己分析や業界研究に力を入れたり、面接に取り組む必要があります。

「就活は2回目だから…」と軽く考えず、初心に戻って転職活動を行いましょう。

特に自分に合った職場を見つけたいなら、自分の希望する業界や発揮できるスキルが見合っているかなどの自己分析が、非常に大切です。

準備を怠らないで、誠心誠意転職に挑むようにしましょう。

不安な方向け!転職でアピールできるスキルを紹介

 

「20代でスキルがなくても転職できても、やっぱり周りと差別化はしたい…」と感じる方も多いですよね。

実はスキルがなくて悩んでいても、仕事を通じて身に着けているものはたくさんあります。

下記では不安な方向けに、転職でアピールできるスキルと、アピールの方法を紹介しています。

PCの操作スキル

今やどこの企業でもPCの操作スキルは必須です。

ExcelやWordの機能を使いこなせるスキルがあることを、アピールしてみましょう。

視覚化するには、マイクロソフト社がMOSの試験を受験してみることをおすすめします。

認定資格を持っているだけでも、仕事に生かせる能力を持っていることをアピールできるでしょう。

行動力・問題解決能力

仕事で発揮した行動力や、問題解決能力も転職でアピールできる可能性が高いです。

ただし注意したいのが、ただいわれたことをやったことを紹介するのでは意味がない点です。

自分から自発的に動いた経験を、履歴書や面接でアピールすると、より良いでしょう。

コミュニケーション能力

仕事で発揮しているコミュニケーション能力も、企業にアピールできるスキルの一つです。

コミュニケーション能力はただしゃべるのはが得意なのではなく、相手の意向をくんで行動に移すことまで求められます。

面接の場で実際に発揮できるスキルで、面接官に聞かれた質問に的確にかつ明るくハキハキと返答することでアピールが可能です。

きちんと面接対策をして、返答できるようにしておけば対応可能です。

スキルがない未経験・異業種でも転職できる?

未経験だったりでスキルがない業界への転職も20代〜30代の若いうちなら可能です。しかし、30代に関してはやはり20代よりも可能性は低くなります。

特に20代の若いうちに人材を育てようとしています。

新卒以外の人のためにも新しく人材を雇用し研修するための制度も設けている会社があるぐらいなので、若いうちなら転職は可能だといえます。

35歳を過ぎると急に選択肢が狭くなる

厳しい現実になりますが、未経験やスキルのない人の転職は20代〜30代までなら可能とは言っても30歳以降徐々に進み35歳を過ぎると明らかに選択肢が狭くなります。

未経験で本気で転職したい異業種があるなら、基本的には早いうち、20代の間にすべきと言えるでしょう。

35歳を過ぎると、そもそも応募条件で弾かれてしまったり書類選考で落ちる場面が格段に上がっていきます。

経験ある業種に転職するとしても、35歳までにしっかりとスキルを身につけておきましょう。

 

一番大切なのは自分がやりたい仕事かどうか

上記で、「できる」仕事かどうかも大切とお伝えしましたが、それでもやはり「自分がやりたい仕事かどうか」がもっとも大切なのは変わりません。

どんなに技術と経験があっても、本人にモチベーションがなければ良い仕事はできません。

あなたが今やっている仕事がモチベーションを維持できない仕事で、何か別のやりたい仕事があるのならモチベーションの出る仕事に転職活動をする事をおすすめします。

20代から30代で20代の方が未経験転職には有利だとお話ししましたが、転職活動をして失うものは基本的にありません、

少しでもやりたい仕事を見つけた、又は心の中にあるという方は是非転職活動を始めてみてください!

人生を変えるきっかけになるかもしれません。

転職は人生の節目 転職してから後悔しないように万全の準備で臨みましょう

転職は人生の重要な節目となります。ご自身で情報収集から企業調査・応募・面接日程の調整と様々な作業を現在の仕事に従事しながら取り組むのはとても大変な事と思います。

貴重な時間を有効に活用し、綿密に企業を選ぶためには外部の転職エージェント等の助けを借りるのは有効な手段です。

転職は上記のように非常に重要なタイミングです。その転職活動で「効率よく」「転職後のミスマッチを減らす」ためにも是非転職エージェントに登録をして見ることをおすすめします。

現在、大企業や上場企業を含めた様々な業種において面接対策や年収に関する交渉まで引き受けてくれる転職エージェントを経由した転職が増えています。

その理由は転職エージェントが求職者視点だけでなく、企業側にとっても求める人材像に合致した人を探してくると言った側面を有するためです。

そのため、企業側との信頼関係があり求職者との関係でもミスマッチを減らせる事から一般応募可能な求人には出てこない非公開案件も多数あります、

更に、プロの視点から綿密な対策を行うことにより書類審査の通過率も転職エージェントを利用するメリットと言えます。

 

このように、転職エージェントを使うメリットとしては

・希望通りの条件や年収の転職先を見つける手伝いをしてくれる。

・面接対策や年収等の条件に関する交渉代行してくれる。

・自分自身で全ての作業をやって無駄な時間を使わず、プロの転職エージェントに任せる事ができる

・公募求人には出てこない非公開案件がある。

など、転職エージェントは転職までのサポートを全面的に行ってくれます。

企業への連絡を行う事に慣れていない人や転職を実際にするために誰かの後押しが欲しいと言った方にも有効です。

転職エージェントが必ず求職者にとって良い案件を紹介してくれるのか信用できないと言った声もあります。

転職エージェントの言っていることを完全に鵜呑みにしてそれだけに流されてはいけないと言うのは事実ですし、転職エージェントや求人会社もビジネスですので、これは転職エージェントだけでなくその他全ての仲介業者に当てはまる基本です。

ですが、転職エージェントはただ人を求人出稿企業に紹介すればいいだけではありません。求職者を求人企業に就職させ、しっかりとその職場に馴染んで継続的に貢献する人材を紹介しなければなりません。

求職者は基本的に無料で利用できる転職エージェントですが、求人企業は転職エージェントやその他採用活動に多額の費用をかけています。

人材を紹介して、新しい人を雇ったものの求職者の「思っていたのと違った」や求人企業の「求めていた人材はこんな人ではない」となってしまったりすると、その転職エージェントが評判を落とすため転職エージェントは両方の利益になるような形で転職先の紹介を行わなければなりません。

転職活動を自分で行うと全て自分でやらなければなりませんが、転職エージェントを利用すると下記のような転職の作業を転職エージェントに任せる事ができます。

転職エージェントに求人者として登録

メールや通話などでエージェントと面談を行い希望を伝え内容について協議する

転職エージェントと求職者の協議した内容に合致する紹介先企業を紹介

転職先企業を転職エージェントから紹介され選考に応募

先行を受け、採用通知を受けて転職に成功!

と言った手順になります。

転職エージェントの利用は無料で簡単に登録が可能です。転職先に関する希望や職種を細かく決めていなくても、エイクルートエージェントやマイナビエージェントなど大手の転職エージェントであれば様々な案件を持っている事に加えて経験も豊富なので転職先を選ぶ助けにもなるはずです。

おすすめ転職エージェント 全て登録無料!

下記でおすすめの転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

  • 業界最大手で独占・非公開案件も含め求人情報が豊富
  • 選考の手続きから年収の交渉まで代行可能
  • 案件の豊富さからどこに住んでいてもどこで働きたくても案件を見つける事が可能
  • 多くの案件を扱ってきた事から蓄積された情報を分析し最適な転職先を見つける事が可能
  • 求職者の利用は無料

リクルートエージェントは公開されている求人以外にも10万件以上の非公開求人情報を有する日本でも有数の転職エージェントです。

各起業別の面接対策や応募書類の助言と指導は勿論ですが、自分自身ではやりにくい年収交渉やリクルートが独自に有するそれぞれの業種や企業に関する情報も提供しています。

転職が初めての方でも各業界ごとに豊富な知識と経験を有するアドバイザーから上記のように細かい点までサポートを受けることができるため、非常にスムーズに進められるでしょう。

リクルートエージェントの登録はこちら!

リクルートエージェント

リクナビnextもご紹介します! こちらも登録後、スカウト登録することで、企業や転職エージェントから直接オファーが届きます!

リクナビNEXTの登録はこちら!

リクナビNEXT

 

 

マイナビエージェント

  • IT・通信業界の求人案件が充実!(注目!)
  • 中小企業求人における独占案件が多数存在!
  • 第二新卒の就職や転職活動に強い!

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェント」の調査結果でNo.1に選ばれている事からも20代をはじめとした若い世代の転職で非常に豊富な案件で強みを発揮します。

20代の転職となると転職未経験で不安な方も多いと思われますが、担当者となったエージェントが丁寧に転職希望者の抱える転職の悩みに一つひとつ答えてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

 20歳代と言った若い層が多い第二新卒の就職や転職に関するサポートも非常に手厚く行っており、業界未経験でも使用・内定を取れる求人や、求人票には普段乗らない職場環境などの情報をアドバイスしてくれるアドバイザーもいるなどしており、経験やスキルがない20代でも人柄重視で採用が決まる求人案件を多く抱えています。

初めての人や未経験など、スキルが無いけど転職したいと希望する20代や30代の若い層にもおすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

パソナキャリアは、リクナビやマイナビと同じく、人材関連の大手企業である「株式会社パソナ」の転職エージェントサービスです。これまでに人材紹介等の事業で蓄積した25万件以上のデータがあり、それを活かした転職が可能です。

 オリコン顧客満足度調査「転職エージェント部門で3年連続1位(2019年〜2021年)

」を獲得するなど、数字でも分かる非常に満足度が高い転職エージェントサービスを提供しています。

パソナキャリアが求職者に対して提供するサービスで他社と違った特徴としては、各企業に応じた最適な形になるよう応募書類の添削等も含めた丁寧で手厚いカウンセリングです。それぞれのキャリアアドバイザーが求職者のスキルや個性・経験と言った要素を勘案して最適な求人を見つけ出し、紹介してくれます。

さらに、パソナキャリアを通じて転職した求職者の中で年収アップを達成した利用者の割合は67.1%と非常に高く、年収を増やしキャリアアップを実現したいと考えている方にもおすすめです。

dada

DODAは何と言っても取り扱っている求人のうち、80%以上が通常の求人サイト上には公開されていない非公開求人なのが他との違いであり強みです。
自分で求人サイトに登録しても応募できないような求人にも、dodaの転職エージェントを通じて応募する事が可能です。

さらに、dodaでは経験豊富な転職エージェントが企業の求人への応募、選考結果の通知、面接日程の調整など内定までを事細かにサポートしてくれます。

また、必要に応じて個別にキャリアカウンセリングを実施することもあり、分からないことをプロの転職エージェントに相談できるため、転職活動が初めてだったりする20代など若い方や転職が不安な方でも安心して転職活動を進めることができます。

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/doda

doda

 

IT求人ナビ

エンジニアの一歩を踏み出す方は未経験でも入社後にお給料をもらいながらエンジニアとして仕事をするための教育を受けることができる企業を見つけることができます。

経験者は転職で長くIT求人ナビが培ってきたノウハウを活かした、豊富な求人案件から最適な転職先を見つけられます。

転職やその先を見据えたキャリアの相談から転職先企業の提案、年収等条件面での交渉など総合的に転職サポートを提供してくれます。

IT業界での支援実績も13年と長くあるため、豊富な実績を背景にした安定感のある転職・就職サポートが可能となっています。

 

IT業界未経験はこちら



ITエンジニアに特化した未経験者就業支援サイト【IT求人ナビ】

IT業界経験者の転職はこちら

 

IT求人ナビ転職  IT業界に特化した豊富な転職サポート



 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事