手取り25万円程度稼ぐことができる仕事・職業・職種などを紹介!
スポンサーリンク



手取り25万円稼ぐことができると生活は比較的余裕ができる

(画像:Unsplash

手取り25万円は、額面では大体29万円程度、年収に換算すると約400万円です。 一見少なく感じられるかもしれませんが、実際に手取りが25万円程度あると余裕を持った生活を送ることができます。ただし、独身の場合に限ります。配偶者の扶養や子どもの養育を考えると少し生活が厳しくなる、ということは頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

手取り25万円稼ぐことができる仕事や職業

(画像:Unsplash

続いて、手取り25万円を稼ぐことができる仕事や職業を3つ紹介します。 手取り25万円を稼ぐことができる職業は多々あります。今回はそのごく一部を取り上げるので、転職を考えている人は参考にしてみてください。

仕事や職業① 一般的なサラリーマン

30代の一般的なサラリーマンの年収は大体400万円代で、手取りが25万円程度です。 サラリーマンの大多数は20代のうちは年収300万円程度で、30代前半〜後半にかけて400万円代になります。一般的な中小企業の水準であるため、大企業や上場企業では20代のうちに手取りが25万円に到達することも多々あります。 広告業やIT関連、サービス業などの平均的な手取りも25万円程度におさまることが多い傾向にあります。

仕事や職業② webデザイナーやプログラマー

WebデザイナーやプログラマーなどのIT系技術職は手取り25万円程度であることが多いと言えます。 Webデザインやプログラミングにいくら時間をかけても残業代がつかない「裁量労働制」のもと働いている人がほとんどなので、労働時間の長さに比べて手取りは25万円ほどにおさまる傾向があります。 しかし、技術職は専門性やスキルを高めることで年収アップが期待できます。転職をうまく繰り返すと、手取り25万円から大幅にアップすることがめずらしくありません。

仕事や職業③ 理学療法士・作業療法士

医療職の中では、理学療法士・作業療法士の手取りが25万円程度です。 理学療法士も作業療法士も患者のリハビリテーションを行う職種で、なるためには国家資格を取得する必要があります。作業療法士は精神的な疾患を抱える患者のリハビリテーションを行うため、理学療法士よりもカバーする範囲が広いという違いがあります。 理学療法士・作業療法士の手取り額は就職先によって差があるのも事実です。大学病院、クリニック、老人ホームなど就職先次第で手取り額が変動するので、就職先選びが大切です。

スポンサーリンク

まとめ

(画像:Unsplash

手取り25万円程度の場合、額面は約29万円、年収は約400万円となります。 独身の場合は余裕のもった生活を送ることができる手取り額です。また、多くの職種・仕事で手取り25万円は到達可能なので、もし現在手取りが25万円以下でも心配する必要はありません。給料が上がる気配がなければ、転職も視野に入れてみましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事