楽天市場11月26日まで最大50%ポイントバック!

ウォッカのペットボトル最安値は?のトップ画像

ここ最近コロナの影響で、外でお酒を飲むのを控える方が殆どだろう。

そのためか家での晩酌の頻度が高くなり、酒代が嵩む方もいるだろう。

コスパを考えると焼酎にしたいが、安い焼酎は次の日のダメージが怖い。(※お酒の量や体質による)

次の日にスッキリ起きたい場合には、品の良い蒸留酒に限るということで、焼酎の代わりにウォッカを飲む方もいるかと思う。

安い焼酎ほどではないが、ウォッカもかなりコスパが良い。

ということで、今回ウォッカに関して掘り下げていくど同時に、晩酌用や業務用でも使用できる、ウォッカのペットボトル最安値のご紹介をしていきたいと思う。

ウォッカのペットボトル最安値はこれだ!

まず、先にウォッカのペットボトルの最安値をお教えしておこう。

ウォッカのペットボトルの最安値は以下のウィルキンソンのウォッカ1.8Lの6本まとめ買いだ。


ウィルキンソン ウォッカ 40度ペットボトル1800ml 6本送料無料

以下で算出するが、1㎖あたり1円を切るという結果になる。

ウォッカのペットボトル最安値はカクヤスではないのか?

ウォッカのペットボトル最安値はの画像

私自身がウォッカに炭酸とレモンを入れる「ウォッカハイ」を晩酌で嗜んでいるため、常にウォッカの最安値を調査している。

ネット通販だと、どうしても別途で送料が掛かってしまうため、以前は近くのカクヤスでウォッカを購入をしていた。

しかし何回かカクヤスで購入をしていた時にふと思った。

まとめ買いであれば送料を負担してくれるネット通販サイトはないだろうか?

それから、片っ端からネット通販サイトを調査した。

そうしてようやく、上記ウィルキンソンのペットボトル6本まとめ買いが送料が掛からず最安値であることが分かった。

ちなみに計算方法は、「販売価格」÷「お酒の量」で1㎖あたりの価格を計算する。(※もし送料が掛かる商品の場合には販売価格に合算)

上記で計算すると、10,799円÷(1800㎖×6本=10,800㎖)=0.99...

つまりは1㎖あたり1円を切るということになる。

ウォッカの中で最安値と言えるだろう。

最近のコンビニで売っているチューハイは殆どがウォッカが原酒

ウォッカのペットボトル最安値は?のコンビニの画像

ご存じない方も多いと思うが、コンビニなどで売っている「-196℃ ストロングゼロ」や「氷結」シリーズなどは裏面の原酒の記載に「焼酎」ではなく「ウォッカ」と記載がある。

上記のようにウォッカを原酒で使用しているチューハイはあまり甘くなく、スッキリパンチが効いていてアルコール度は7%~9%と高めのものが多い。

これは想像ではあるが、焼酎でアルコール度を上げようとすると、コスパも悪くなるし、臭みも出てくることが容易に想像ができる。

ウォッカはもともとアルコール度も高く、臭みもないため現在では多くのチューハイの原酒とないっている。

焼酎が臭くて飲めない方もウォッカなら飲める

ウォッカのペットボトル最安値は?焼酎は臭いの画像

ウォッカは無味無臭とまではいかないが、カクテルの4大スピリッツ(ジン・ラム・ウォッカ・テキーラ)の中でも最も味と臭いが少ない。

もちろん焼酎とは比にならないくらい匂いが無い。

焼酎を飲めない知り合いの女性にウォッカハイを試してもらった事があるが、臭く無いから飲みやすいと高評価で、次回からウォッカのボトルを共有して飲むことになった。

それくらいウォッカは臭みが無いお酒だ。

アルコール度数が高いということはコスパに繋がる

ウォッカのペットボトル最安値は?のアルコール度数の画像

 

通常焼酎はアルコール度数が20度〜25度のものが殆どが、ウォッカは大抵は40度が殆どであり上記ウィルキンソンも40度だ。

レモンハイなど割りもので飲む場合に原酒をウォッカにすれば、焼酎の1/2、もしくは1/3の量で同じくらいの度数で飲む事ができる。

単純に、これはかなりのコスパになると言えるだろう。

むしろ焼酎の加減で割ると、出来上がる(酔っぱらう)のが早くなるので逆に注意が必要だ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事