ウォーターサーバーの解約金はどのくらいかかるの?大手ウォーターサーバーを比較してみた
スポンサーリンク

ウォーターサーバーの解約金はどのくらいかかるの?大手ウォーターサーバーを比較してみた

 

ウォーターサーバーを導入しようと考える際に、何かあった時のために解約金がどの程度掛かるのか気になりますよね。

 

今回はそんなウォーターサーバーの解約金に注目した内容となっています。

 

「実際に家にウォーターサーバーを導入すると思ったよりも使わなかった」

「急な引っ越しでウォーターサーバーを撤去することになってしまった」

などなど様々な理由でウォーターサーバーを解約するケースがあると思いますが、事前に解約金について知らないと思っている以上に解約金が発生してしまう場合があります。

 

本記事では各メーカーでの解約金一覧や、解約金を含めてトータルで見た時におすすめなウォーターサーバーをご紹介させていただきます。

 

本記事はこのような方におすすめです。

 

本記事はこのような方におすすめ

・ウォーターサーバーの解約金の相場を知りたい方

・自分に合うのか分からないので解約金が安いメーカーを知りたい方

スポンサーリンク

ウォーターサーバーの解約金はどれくらい掛かるの?

 

そもそもウォーターサーバーの解約金というのは「契約期間内に解約をした場合の手数料」です。

 

イメージとしては携帯の契約に近いようなものだと考えてもらえると分かりやすいと思います。

 

解約金は決して安いものではないので事前に知っておくことで損はないと思います。

 

まずは、大手ウォーターサーバーメーカーの解約金と最低利用離間をまとめてみました。

 

メーカー 解約金 契約期間の詳細
フレシャス 16,500円 利用1年以内に解約
9,900円 1年以上、2年以内に解約
プレミアムウォーター 10,000円 2年契約を2年以内で解約
15,000円 3年契約を3年以内で解約
20,000円 マムクラブ3年以内で解約

※マムクラブは子育て家庭向けの契約プラン

コスモウォーター 9,9000円 利用2年以内の解約
サントリー 16,500円 利用1年以内の解約
9,900円 利用1年以上後2年以内の解約
信濃湧水 6,600円 利用1年以内の解約
ワンウェイウォーター 15,400円 利用2年以内の解約
5,500円 利用1年以内の解約
ウォータースタンド 11,000円 利用1年以内の解約
アルピナウォーター 15,400円 関東地域で利用1年以内の解約
5,500円 関東以外の地域で利用1年以内の解約
アクアクララ 6,600円 利用2年以内の解約
クリクラ 8,800円 利用2年以内の解約

※料金は全て税込です。

 

やはりどこのメーカーであってもそれなりの解約金が発生しますね。

 

それではウォーターサーバーを選ぶ際にどこを判断基準にするべきなのかを見てみましょう。

 

スポンサーリンク

解約しないためにもウォーターサーバーのどこを見るべき?

 

ウォーターサーバーを解約しないためにも何を判断基準にするべきなのでしょうか。

 

そもそもウォーターサーバーを解約する方の理由としてはこのようになっています。

 

ウォーターサーバーを解約する方の理由

1.利用してみると予想よりも負担になってしまった

2.水の配送される量と使用するペースが合わなかった

3.ボトルの交換が大変で解約したくなった

5.故障などのトラブルが発生したことをきっかけにやめてしまった

 

 

この4つが主な理由になっていますね。

 

 

利用してみると予想よりも負担になってしまった

 

ウォーターサーバーを契約以前はペットボトルでミネラルウォーターを飲んでいた人が多いと思います。

水をよく飲むためウォーターサーバーを導入したところ、その頃の費用と比べると家計に大きな負担が掛かるようになってしまったというケースです。

 

ウォーターサーバーの本体の値段や水のボトル代だけではなく、ここから配送料、メンテナンス代、果ては電気代までも考慮する必要が出てきます。

 

ウォーターサーバーの電気代は月に500円~1,000円程度掛かりますが、今まではコンビニなどに歩いて買いに行っていた費用と考えると少し高いですよね。

 

電気代を抑えたい場合は省エネモードやエコモードの付いているウォーターサーバーを選ぶと電気代を節約することで少し節約することができます。

 

水の配送される量と使用するペースが合わなかった

 

実際に利用を始めた場合、定期配送されている水の量と消費ペースが合わなくて解約してしまうパターンも多いようです。

 

これは水の消費スピードに対して多くの水が送られてくるイメージがありますが、その逆の水を多く飲むので家計が圧迫されるパターンもあります。

 

なので水の消費スピードが分からないがウォーターサーバーが欲しい場合は必要な分だけ注文できる方式や定期配送を1回スキップできる制度を導入しているメーカーを選ぶことで解決することができます。

 

多く飲んでいる家庭の場合は水道直結型のウォーターサーバーにすると水のボトル代が水道代になるのでそちらを契約しても良いかもしれません。

 

ボトルの交換が大変で解約したくなった

 

ウォーターサーバーのボトルは一般的に12Lになっていて、ウォーターサーバーの上部に持ち上げる必要があります。

そのためボトルの交換を行うのが大変だと感じてやめてしまったケースです。

 

この場合はボトル自体のサイズが小さいメーカーや交換が負担にならないと書いてあるウォーターサーバーを選ぶことで解決できる可能性があります。

 

また、水ボトルだけではなく水パックのウォーターサーバーもあります。

 

 

故障などのトラブルが発生したことをきっかけにやめてしまった

 

ウォーターサーバーは安定した構造なので故障しにくいのですが、故障した場合の費用や対応はメーカーによって異なります。

 

そのため故障やトラブルがありそれがきっかけでやめてしまう場合もあります。

 

衛生面では安心して利用出来るメーカーも多いのでこの問題が気になる場合は衛生面が気になる場合は「定期的な除菌システムを導入しているウォーターサーバー」を選ぶことで解決できます。

 

本体の故障の場合は何かあった際に無料でサーバーを変えてもらえるメーカーを選びましょう。

 

掃除が面倒な場合は有料のメンテナンスを利用すると掃除する手間が無くなります。

 

 

解約金が発生しても負担を減らす「乗り換えキャンペーン」をしているメーカーもあります。

 

現在ウォーターサーバーを利用していて今使っているサーバーが合わない場合は「乗り換えキャンペーン」を使うことで負担を減らすことができます。

 

こちらもイメージとしてはスマホの乗り換えの感覚です。

 

キャンペーンはメーカーによって変わりますが、負担額が減ったりする場合や解約金のお金が丸々帰ってくる場合もあります。

おすすめのウォーターサーバーメーカーを3社ご紹介!

 

ここまでウォーターサーバーの解約金のお話をしましたが、実際に利用する場合は解約金以外も大切ですよね。

 

そこで今回はおすすめのウォーターウォーターサーバーメーカーを3社ご紹介します。

 

月額のトータル額や提供しているウォーターサーバーの機能性やデザイン性で評価できるメーカーになっています。

フレシャス【デザイン性と機能性の2つを備えているメーカー】

 

 

フレシャスでは様々の利便性とデザイン性に優れているウォーターサーバーを提供しています。

 

特におすすめしたいのは「dewo」シリーズです。

 

 

デザインとしてもとても馴染みやすいのですが、機能面でも優れています。

一般的なウォーターサーバーの機能はもちろんついていて、ボトル交換も本体の上に水のパックを置きボタンを押すだけの簡単設置です。

 

給水口も程よい高さになっていて、鍋などにも直接注ぐことが出来るのは実際に使ってみると非常にありがたいです。

 

フレシャスの1ヵ月辺りの維持費用としてはこのようになっています。

 

サーバー名 レンタル料 水パック代金((24L) 電気代 合計

(一番安い値段で計算した場合)

FRECIOUS dewo 550円 FRECIOUS富士:4,992円/1箱

FRECIOUS朝霧高原:4,924円/1箱

FRECIOUS木曽:5,056円/1箱

(2箱以上で次月レンタル料無料)

約306円~ 約5,780円~

※値段は全て税込です。

※電気代は1ヶ月を30日と計算しています。

 

解約金としてはこのようにな期間になっています。

 

メーカー 解約金 詳細
フレシャス 16,500円 利用1年以内に解約
9,900円 1年以上、2年以内に解約

 

値段としては比較的高い部類ですが、それだけ非常におすすめできるウォーターサーバーになっています。

また、フレシャスでは定期的に乗り換えキャンペーンも開催していて期間中はキャッシュバックもやっています。

 

フレシャスの公式サイトはこちらから。

https://www.frecious.jp/

 

 

クリクラ【解約金なしで衛生面も非常に安心できるメーカー】

 

 

クリクラでは何といっても業界でも唯一の解約金なしで利用出来るウォーターサーバーになっています。

 

画像は「クリクラ省エネサーバー」というウォーターサーバーで名前の通り従来のクリクラのウォーターサーバーと比べ、最大55%抑えることが出来ています。

 

機能としては最低限の機能が付いています。

 

レンタル料も発生しないのですが、初回設置費用として7,700円発生します。

 

初回のみ高いですがレンタル料と解約金がない事を考えると長く使えば使うほどお得になりますね。

 

サーバー名 レンタル料 水ボトル代金 電気代 合計

(一番安い値段で計算した場合)

クリクラ省エネサーバー 0円 12L×2本

2,920円

約756円~ 約3,676円~

※値段は全て税込です。

※電気代は1ヶ月を30日と計算しています。

 

クリクラの公式サイトはこちらから

https://www.crecla.jp/

 

ワンウェイウォーター【業界最安値で利用するならここ】

 

 

ワンウェイウォーターは業界最安値でウォーターサーバーを利用出来ます。

 

発生する料金は水代のみです。

 

 

機能としては基本的な機能の他にエコモードが搭載されており省エネも出来ます。

 

水ボトルは最低2本からの契約になっているので1カ月当たりの維持費としてはこのようになっています。

 

サーバー名 レンタル料 水ボトル代金 電気代 合計

(一番安い値段で計算した場合)

ワンウェイウォーター 0円 12L×2本

2,700円

約446円~ 約3,146円~

※値段は全て税込です。

※電気代は1ヶ月を30日と計算しています。

 

メーカー 解約金 詳細
ワンウェイウォーター 15,400円 利用2年以内の解約
5,500円 利用1年以内の解約

※値段は全て税込です。

 

クリクラの公式サイトはこちらから

https://onewaywater.com/

 

 

まとめ

 

今回は解約金に注目してウォーターサーバーをご紹介しました。

 

解約金はどこの会社でも1万円~2万円程度掛かるので出来れば発生しないように利用していきたいですね。

 

乗り換えキャンペーンなどを一緒に使うことで賢く乗換をしたいですね。

 

それでは今回のまとめです。

 

 

今回のまとめ

・ウォーターサーバーを契約する前に解約の詳細を確認しよう ・乗り換えキャンペーンを利用すると違約金を抑えることが出来る

・1ヵ月でどの程度の費用になるのかを見ておきましょう

・自分がウォーターサーバーに求める機能やデザインを考えてみましょう

 

 

以上の4点です。

自分に合ったウォーターサーバー選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事