Xperia X Performanceを使っていて、充電ができなくなる症状になったことはないだろうか?

これらの症状に関しては、いくつかの方法で回復することがあるため、一度ご自身のXperia X Performanceにて確認をしていただきたい。

スポンサーリンク

・充電ができない。
・充電が入っていかない。
・充電ランプが点かない。

このような不具合は、以下に説明する方法でほとんどが解決できるだろう。

スポンサーリンク

充電器やコードが破損しているか確認しておこう

まずは、端末側を疑う前に、まずは充電器側の故障かどうかの判断をしておこう。

スマホを所持している方では、充電器を2つ以上持っている方が殆どだろう。

コードが断線することは良くあることだが、2つの充電器があれば、端末側の故障か充電器側の故障かの確認ができるだろう。

持っていないという方は、これを機会に高速充電器を購入しておこう。

以下のような、コンセント差込み部分とコードが同一化されている頑丈なもので、海外でも利用ができる、少しケーブルの長いタイプの充電器をおすすめしたい。

Android スマートフォン対応 高速充電器 2m 価格1590円(税込)

以下からは、端末側の要因について確認をしていこう。

Xperia X Performance本体の充電挿し込み口にゴミが詰まっている、またグラついていないか確認しておこう

挿し込み口にゴミが詰まっていて、充電ができないことがあるのはよくある事だ。

端末側の充電挿しこみ口を、金属製ではない爪楊枝など先の細いもので、掃除をしてみよう。

また、挿し込み口のコネクタ自体がゆるくなっていて、充電器を差し込んだ際に、上下どちらかに圧力を掛けると充電ができる場合には、挿し込み口のコネクタの交換修理が必要だ。

修理についてはこの記事の下部に記載をしてあるので、ご参考まで。

Xperia X Performanceの画面や電源ボタンが反応しない場合はフリーズの可能性がある

充電ができない症状の場合に、画面や電源ボタンが反応しない、操作が全くできない、端末が反応しない場合にはフリーズをしている可能性が高い。

その場合には以下の記事を参考に強制終了をして試してみよう。

Xperia X Performanceで以下のような症状でお悩みの方が、このサイトを訪れていることだろう。これらの症状に関しては、強制終了で回復することが殆どであるため、該当するか確認をしていただきたい。電源が立ち上がらない。画面が真っ暗になってしまって反応しない...
スポンサーリンク

だが、もしあなたのXperia X Performanceが強制終了で改善された場合でも、フリーズを引き起こす原因や要因は必ずあると言って良いだろう。

操作はできるのに充電ができない場合

通常通り操作はできるのに充電ができない場合には、電池に負担が掛かっていた可能性がある。

充電ができなくなる前に、端末自体が熱を持つような、ゲームアプリや、動画アプリなどの処理動作に大きく負担が掛かるようなアプリなどを使用していたか確認が必要だ。

端末に負担が掛かり熱を持った際には、回路の損傷や事故を防ぐため、端末側で充電をできないようにする制御が作動する。

この場合は、端末を熱が冷めるまで放置した後、端末の温度が下がってから充電した場合、通常通りに充電ができた場合には、本体の熱が原因であったことになる。

また、端末が熱を持つと電池に負担が掛かり劣化を早める。

電池の劣化については、以下の記事から電池の寿命や消耗期間などを含めて確認をしていただきたい。

さて、ここではリチウムイオン電池の弱点を説明しよう。ただ、もし以下の記事をまだ読んでいない方がいれば、先に読んだ方が理解しやすいかもしれない。 誰もがやってしまいがちな内容のため、どのような行為がリチウムイオン電池に負担が掛かってしまうかを認...

上記で改善できない場合は端末本体の故障の可能性がある!

上記操作をしても改善されない場合には故障の可能性が大きい。

残念ながら、修理か買い替えなどを検討したほうが良いだろう。

キャリアの保証に加入している方は

まずは、ご自身のキャリアに相談をしてみよう。

補償に加入しているのであれば、利用期間などの範囲内であれば、修理や交換のサービスがあるはずだ。

また、新規購入から一年未満の利用期間で、破損の箇所がなく「自然故障」と判断される場合であれば、メーカー補償を受けられる可能性もある。

キャリアの保証がない方は

中古買い替えはこちら

以下のような中古で安い端末や優良な端末を探してみるのも選択肢の一つだ。


Xperia X Performanceの操作感とは?

Xperia X Performanceの操作で非常に目につくのはそのバッテリーの性能です。

通常のスマートフォンの場合様々なアプリを動作させた場合にはそのバッテリーの消費量が非常に大きくなりがちで、スペック上は3日程度持つと記されている場合でも半日程度で消費してしまうことが多いのが実態ですが、Xperia X Performanceの場合にはフルでアプリを使用しても1日半程度は充分に使用可能だと言う実績があるのが大きな特徴となっています。

そのポイントはバッテリーを長持ちさせるための様々な機能にあります。

アプリを動作させている時でも不要な機能を停止させバッテリーの消費を極力抑えているとともに、状況に応じてバックライトを消去したり効果的に表示するといった機能を動作させているためきめ細かい制御のもとでバッテリーを極力効率的に利用しようとする動作をするようになっています。

また様々な利用に応じて状態を制御する機能も含まれており、一定時間使用されないメモリ容量については適宜解放し効率的にCPUの動作を行うように制御するなど、消費電力の効率化とその機能性を両立させるための仕組みが盛り込まれているスマートフォンと言うことができます。

以下の記事も参考まで

 街中や電車などで、LINEやインターネットにつながりにくい事や、通信が遅い現象になったことがありませんか?キャリアによっても違いますが、あからさまにLINEが遅れない事や、インターネットの通信が遅く、開くのに時間が掛かることってありますよね。今回は...
iPhoneやスマホで動画を視聴する方は多いと思いますが、動画はかなりの通信料を使います。知らずにYouTubeなどの動画を見ていると、通信制限が掛かってしまったことなどあるのではないかと思います。そこで今回は、動画を視聴する際の1ギガバイトで視聴できる時間の...