Xperia Z5 Premiumのフリーズ、電源が入らない、画面が真っ暗な時などに強制終了をする方法

Xperia Z5 Premiumで以下のような症状でお悩みの方が、このサイトを訪れていることだろう。

これらの症状に関しては、強制終了で回復することが殆どであるため、該当するか確認をしていただきたい。


電源が立ち上がらない。
画面が真っ暗になってしまって反応しない。
画面が止まってしまっって動かない(フリーズ)。
充電器につないでいるのにランプが点灯しない。
電源も入らず、充電もできない。
電源ボタンを押しても反応しない。

このような不具合は、ほとんどが強制終了で改善ができるだろう。

キャリアに相談する前に、ご自身で強制終了の操作をお試しいただきたい。

Xperia Z5 Premiumの強制終了の方法

Xperia Z5 Premiumの強制終了方法は以下の通りです。

右側面の「電源ボタン」と右側面の「音量キーの上げるボタン」3秒同時に長押しをし、振動が3回した後に手を放すと電源が切ることができるだろう。

また、左側面のSIMカードが入っているキャップを空けると、黄色いボタンがあるので、そのボタンを同じように3秒間長押しをし、3回振動がなった後に手を放すと電源が切れる。

上記二つが強制終了方法で、これで電源を落すことができるだろう。

あなたのXperia Z5 Premiumが強制終了で改善された場合でも、フリーズを引き起こす原因や要因は必ずある。

以下の記事で、あなたの使用方法に心当たりがないか確認をしてみよう。

スマートホンやiPhoneなどを使用していると、以下のような症状になった経験はないでしょうか?もしくは、この記事を読んでいる方は、何かの動作の不良でお悩みなのかもしれませんね。 動きが遅い。 画面が止まってしまった。 画面が真っ暗になってしまった。 充...

強制終了でも回復しない場合は一旦放置してみよう

強制終了方法を試しても、まったく反応しない場合がある。

その場合は、一旦放置をしてみよう。

強制終了をする動作自体が遅くなっているのか、時間が経過した後に電源が落ちるか、再起動をすることがまれにあるからだ。

回復しないからといって、何度も執拗に強制終了をおこなわずに、寛大に待つことも大事だ。

放置をしても反応がない場合は別の要因の可能性も!

強制終了後に放置をしても、全く回復しない場合は故障か別要因の可能性が高いだろう。

画面が真っ暗、電源が立ち上がらない、まったく反応しない場合には、その他の要因の可能性がある。

その他の要因に関しては、以下に記載しているので、一度ご覧になっていただければ、使用方法に心当たりがあるかもしれない。

 スマホやiPhoneを使用中に、急に電源が落ちることはありませんか?電源が勝手に落ちるということは、一般的にはお手持ちのスマホやiPhoneがシステム上「悲鳴を上げている」証拠でもあります。電源が落ちる原因や要因を理解することで、改善できることがありま...

強制終了で回復できなかった場合は故障の可能性大!

一時的な不具合であれば、強制終了で改善ができるばずだが、この操作方法で放置をしても改善されない場合には故障の可能性が大きい。

残念ながら、修理か買い替えなどを検討したほうが良いだろう。

キャリアの保証に加入している方は

まずは、ご自身のキャリアに相談をしてみよう。

補償に加入しているのであれば、利用期間などの範囲内であれば、修理や交換のサービスがあるはずだ。

また、新規購入から一年未満の利用期間で、破損の箇所がなく「自然故障」と判断される場合であれば、メーカー補償を受けられる可能性もある。

キャリアの保証がない方は

中古買い替えはこちら

以下のような中古で安い端末や優良な端末を探してみるのも選択肢の一つだ。


中古を買い換える前にXperia Z5 Premiumのスペックを今一度確認しよう!

以下はXperia Z5 Premiumのスペックになる。中古など機種を検討する際など、比較するのに利用してほしい。

【Xperia Z5 Premium】

・サイズ:高さ約154mm、幅約 76mm、厚さ約 7.8mm
・重さ:約 181g
・ディスプレイ:約 5.5インチ
・OS:AndroidTM 5.1
・バッテリー:3430mAh
・CPU:Qualcomm MSM8994 オクタコア
・ストレージ(ROM):32GB
・メモリ(RAM):3GB
・SIMカードタイプ:nanoUIM
・SIMロック:解除対応
・アウトカメラ:約 2300万画素
・インカメラ:約 510万画素
・NFCおさいふ機能:対応
・ワンセグ:対応
・電池:内蔵型
・防水機能:対応

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事