在宅ワークに有利な資格とは?需要の高い資格やノウハウを身につけ収入を増やす。
スポンサーリンク



在宅ワークに有利な資格とは

1分でわかるニュースの要点

  • 注目の在宅ワーク
  • 職種別、資格取得のススメ
  • 差別化を図って有利に仕事をするには

新型コロナウィルスの感染拡大の影響からテレワーク・リモートワークなどという言葉がここ最近活発に使われるようになりました。 そこで在宅ワークにはどういった仕事あるのか、どういった資格を取得すると良いのかなどの疑問点を解決していきます。 企業側の需要も高いが希望するワーカーも多い中で差別化を図るにはどうしたら良いのかについても掘り下げます。

スポンサーリンク

多くの仕事が存在する在宅ワーク

出勤をせずに自分の好きな時に自宅で働ける仕事が在宅ワークで、隙間時間を活用出来るというその自在性が一番のメリットと言えるでしょう。 シール貼りやデータ入力業務などの簡単作業やWEBサイト制作・管理・運営などのIT系、デザイン・イラストレーターなどのクリエイティブ系からYouTuberに至るまで多岐にわたる仕事が在宅ワークというカテゴリーに当てはまります。

資格を持っていなくてもできる仕事は多く存在

就職・転職を考える時に「有利な資格を持ちたい」と行動を起こすことは良く見られますが、実際には特に資格を持っていなくても出来る仕事は数多くあります。 在宅ワークにおいてはパソコン1台あって受発注の意思疎通が可能であれば良いという傾向が強く、WEBサイト制作・データ入力などの在宅ワークとして代表的なものから営業代行・面接代行業務などもありますが、ほとんどが資格不要です。

専門知識が必要な在宅ワークの需要は高

専門知識を持った人を雇うことは企業にとっても大きな負担になることがあります。 在宅ワーカーの場合、フレキシブルに契約を行える点などが企業にとって好都合になる場合も多く見られます。 また新型コロナ発生以降、在宅ワークへの関心が高まったことから企業の採用ハードルも下がったことで需要は以前と比べて増していると言えます。

スポンサーリンク

職種別・在宅ワークに有利な資格

資格はなくても業務につくことは可能ですが、あるとより客観的に企業側・発注者側に自分のスキルを示すことが出来るため就業・受注の確立を高めると言えます。

WEBサイト制作

WEBサイトの制作には、Photoshopやillustratorなどを使ったデザインスキルを証明できる「アドビ認定アソシエイト」や国家資格の「ウェブデザイン技能検定」を筆頭に様々な種類の資格があります。 その他、Webサイトにアクセスするユーザー解析ツールの習熟度を測る「Googleアナリティクス個人認定資格」といったマーケティング系の資格や効果的にITを利用・活用して基礎的な知識と経営全般の総合的な知識などを証明できる国家試験「ITパスポート」といった資格もあります。

翻訳

翻訳の仕事は具体的にその言語についてどれだけの語学力があるのかを示せるかがポイントとなります。 英語であれば英検やTOEIC・TOEFLなどの検定試験は認知度も高く一般的ですが、翻訳専門職のためには一般社団法人日本翻訳協会が行っている翻訳専門職資格試験というものがあり、総合的な能力の審査・認定がされる内容です。

事務作業・ライター

事務系はパソコンスキルを証明できるものが必要となるので、Excel・Wordなどの使用スキルがわかる「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」や、ビジネスマナー全般も身についている証となる「秘書技能検定」なども需要の高い資格です。 また在宅でライター業務を行う場合の資格としては、基礎として押さえておくべき点を網羅した「WEBライティング技能試験」やWebに関する標準的な知識を測る「Webリテラシー試験」などの他、文章・語力という意味で「日本語検定」や「日本漢字能力検定」なども役立ちます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事