在宅ワーク初心者のいろは。最初の月収や初心者におすすめの仕事は?
スポンサーリンク



在宅ワーク初心者のいろは

在宅ワーク初心者のいろは

  • 増加の背景にはコロナショックや働き方改革
  • 初心者向けには業務作業がおすすめ
  • 専門性やスキルを高めることが必須

スポンサーリンク

在宅ワークを始める前に

在宅ワークを始める前に確認しておきたいのがインターネットやPC環境です。スマホが普及している現状において全く環境が整っていない人はほとんどいないでしょう。しかしスマホやタブレットのみだと厳しいといわざるを得ません。 少なくともWi-Fi環境は必須でありPCは用意しておきたいところです。また自分の得意な分野やスキルを精査しておくことも準備作業として大切だといえます。

 

スポンサーリンク

在宅ワーク初心者向けの仕事

在宅ワークを始めるにあたって、仕事内容に不安を持つ人も多いと思われます。仲介サイトをチェックしてみると、実にさまざまな種類の仕事が掲載されています。その中には専門性が高くて一般的には取り組めないものも少なくありません。 初心者であれば高望みするのではなく、簡単にできるものを選ぶのが得策です。初心者向けではどんな仕事があるのでしょうか。

最初は事務作業がおすすめ

初心者には事務作業がおすすめです。事務作業にはさまざまな業種がありますが最もおすすめなのが「データ入力・シール貼り」です。高いスキルは必要ないため報酬単価が安いのがデメリットです。 しかし慣れるという意味では初心者向けといえます。事務作業にはアンケートやライティングもあり、上級者向けの案件も発注されているので長く続けられるでしょう。

<ビズキャリonlineの在宅ワークの記事から抜粋> 在宅ワークの中でも初心者だけでなく幅広く取り組めるのが記事作成やライティングです。与えられたテーマに沿った記事を納期までに書き上げるのが仕事の内容になります。 初心者は簡単なリライトから始めると良いでしょう。上級者は情報を収集して10,000文字程度のオリジナル文書にすることで1記事あたり5,000円以上の報酬を得ることも可能です。

専門知識や資格があると有利

初心者であっても専門知識や資格を持っていると有利です。IT関連やデザイン制作といった分野は誰でも取り組めるものではありません。希少性の高い案件は必然的に取り組める人も少なく高報酬となります。 例えばシステム・アプリ開発だと、クライアントからの要望を受けて期日までに納品する仕組みです。なおコンセプトや機能の確認などの詳細なやり取りはWEB上で行います。

<ビズキャリonlineの在宅ワークの記事から抜粋> パソコンに高いスキルを有する人にはシステム・アプリ開発がおすすめです。これまでシステムエンジニアは職場の高スペックなシステムで作業を行うのが一般的でした。 しかし最近では自宅でも高いスペックを持ったパソコンを有する人が増えており、自宅で作業を完結することが可能です。在宅とすることで募集する裾野も広がり人材も集めやすくなることからトレンドとなりつつあります。

在宅ワーク初心者の月収事情

コロナショックで日本経済は大きな打撃を受けています。月収が激減したため在宅ワークに活路を見い出したい人も多くいると思われます。企業も慢性的な労働力不足を補うために在宅ワークを検討しています。 このような事情から自宅で取り組める仕事が増えることは必然の流れといえるでしょう。それでは在宅ワーク初心者の月収事情とは如何なものでしょうか。

 

在宅ワーカーの半数は月収10万以下

在宅ワーカーの半数は月収10万以下です。高額とはいえませんが従事している人の大半が副業であることが影響しています。実際には副業であっても数十万円を稼いでいる人も少なくありません。 大切なのは「どの程度稼ぎたいのか」を明確にすることです。それを踏まえた上で自らのスキルと経験を勘案して業種を選ぶことになります。

事務作業は報酬が少ない

初心者が簡単に取り組めるのが事務作業ですが低単価で知られています。WEBライターの場合だと1文字0.4円程度が相場です。つまり5,000文字の記事を納品しても2,000円にしかなりません。月収10万を目指すには50記事が必要です。 しかし高いスキルや経験を有する人は10万以上を稼いでいます。要はスキルを磨くこと、経験を積むことが必要だといえます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事